一人暮らしの女性の防犯知識:泥棒は窓やドアから入ってくる

◆女性の一人暮らしの防犯の知識:窓やドアからの侵入が多い

・窓から入られる(窓を割られる、かけ忘れ)

防犯の本などを見ると
泥棒が侵入してくるところは
ドアや玄関が多いようです。

窓を割って入る、
窓の鍵がかかっていないことがある、
窓を外す
などをして部屋に侵入するそうです。

部屋の窓

また、ドアからも侵入してきます。
ドアの鍵をこじ開ける、
ドアの鍵をかけていない、
ドアの鍵をかけ忘れていることによって侵入するそうです。

出かける時に、焦っていると
窓やドアの鍵をかけ忘れることがあります。

また、普段アパートにいる時には、
窓もドアも鍵をかけないことがあります。

しかし、女性の一人暮らしの場合には、
ドアの鍵は、普段部屋にいる時でも
しっかりと鍵をかけておいた方が良いです。

誰かに勝手に入ってこられたら、怖いです。

窓やドアから侵入することが多いということは、
やはり1階の部屋は女性には防犯上、
向かないかもしれません。

スポンサーリンク

・ドアの鍵をかけ忘れた経験

2階3階に住んだとしても、
ドアの鍵のかけ忘れがありますから注意が必要です。

私は、玄関の鍵をドアにさしたまま
出かけてしまうこともありました。

夕方に帰ってきてみると、
アパートのドアに鍵が刺さったままです。

自分の間抜けさにあきれました。

部屋の中に入ることが怖かったのですが、
幸いになにもなくて良よく思いました。

しかし、その日は家のどこかに誰かかくれていないか
盗まれたものはないか
侵入された形跡はないかと
心配であちこち調べました。

寝ていて突然誰かが、
出てきたら怖いと思ってその日は心配でした。

やはり、新しくアパートを借りた時は、
部屋の鍵交換もしてもらうといいです。

・ドアも窓も簡単にこじ開けられる

ドアの鍵をかけていても、
バール(釘抜きの大きなもの)で、
こじ開けられるらしいです。

そこそこ丈夫な玄関のドアでも
バール(釘抜きの大きなもの)があれば
簡単に開けられるようです。

また木造のドアなどドライバーがあれば簡単に開かられます。

実際に古いアパートのドアは開けられました。

建築に詳しい人だと、
古いドアなら鍵をかけていても簡単に開けられます。

それを一度教えてもらえれば
古いアパートの玄関は鍵をかけても簡単に開けられます。

・小窓からでも入れる

私の住んでいる所は田舎の為、
戸建て住宅が多く、
二階建てで、子供部屋は2階にある家が多かったのです。

学生の頃、友人の家に深夜に遊びに行く時、
よく窓から忍び込みました。
「親が寝ているから静かに上がってこい」、
と言われ
2階にある友達の部屋に
窓から忍び込むことは
男なら結構経験があると思います。

高校時代に、交際している女性がいる奴は、
2階の彼女の部屋に、
夜に忍び込むこともしていたようです。

ブロック塀に登ったり、
ドアやといに足を引っかけるところがあれば入れます。

高校時代などの若い時に
二階の窓から忍び込むことをしていましたから、
泥棒が、2階の窓から入ってくることも理解できます。

二階の部屋だからと言っても安心はできません。

スポンサーリンク

・お風呂場やトイレの小窓から侵入できる

鍵をどこかに忘れてきたので部屋に入れない
という場合、
家の周りを見ると
自宅のどこかの窓が開いていることもあります。

田舎暮らしの人は結構不用心ですから、
外から窓が開いていないか調べると結構開いていたりします。

そういう習慣がついていると
都心に引越してアパートを借りた時や
一戸建ての貸家を借りた時に
トイレやお風呂場の小さな窓が開けっぱなしであったり
鍵をかけなかったりしている場合があります

そんな小さな窓から人が入れるわけがないとか

そんな高いところにある小窓から
入れることはできないだろう

と思っても 結構入れるものです。

・窓掛エアコン

窓掛エアコンの場合には
オプションで取り付け鍵があり
窓に鍵がかけられます。

それでも侵入慣れした人や、
構造に詳しい人にかかれば簡単に
そこから侵入できるようです。

◆窓や玄関から侵入者を防ぐ防犯対策は

防犯を考えると、
できるだけ頑丈な賃貸マンションに住むことになります。

コンクリート造りでドアも金属でできている、
窓にシャッターがある、
ベランダが金属製の網でおおわれている所があります。

また玄関に管理人がいるとか
オートロックのマンションであるなど
最新の防犯対策がしっかりとしている
マンションを借りればいいです。

しかし家賃が高く、数も少ないので難しい場合もあります。

一般のアパートだと
どんなに鍵をかけても、入ってこられてしまう可能性はあります。

窓にもドアにも鍵をしかりかけるとか
かけ忘れのないようにするしかないようです。

窓辺のカーテンも
若い女性が住んでいそうなパステルカラーなどの
かわいいものは避ける必要があります。

ドアに 怖い男が住んでいることを思わせるような
表札やシールなどを貼っている女性がいました。
(ドアに変な人が住んでいることを思わせるようなシールを貼ったり、
空手道場のシールを防犯用に使っている人などがいました。)

怖い経験をしたことがあると用心深くなるようで、
洗濯物を干す所などに、柔道着とか、作業着とか
ヘルメットなどを置いている女性がいました。

関連記事 女性の一人暮らしで、アパートの一階が危険で危ない理由は何

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする