学生などの未成年者がアパートを借りる場合には親の同意が必要

◆未成年者がアパートを借りる場合の契約方法

・未成年者の契約には親の同意が必要

アパートを借りたり、物品の売買をしたりする場合や
レンタルDVDショップでDVDを借りたりすることは
契約行為になります。

未成年者が一人でした契約は取り消せるので、
不完全な契約になってしまう為

完全な契約にする為に、契約書等には

通常 保護者のサイン、押印を必要とします。

小さな金額の時には、あまり問題になりませんが、
アパートを借りる場合のように大きな金額になると
親の同意がないと契約してもらえません。

スポンサーリンク

・未成年者の学生がアパートを借りる場合

就学や就職の為に親元を離れてアパートを借りる場合、

賃貸契約の方法は

1、未成年者本人が、契約者となって、親が保証人、同意見者になる場合、

2、父親が契約者になって、保証人が母親になり、住むのは子供になる場合

などが考えられます。

売買契約などは、
保証人を要求されませんが、アパート契約は保証人を要求されます。

「1」は、未成年者の学生に収入がないのに、
アパート契約をしてしまうのは変な気がします。

収入がない学生がアパート契約しても
家賃が支払えないような気がするので変な気がしますが、

「2」のように 父親が契約者になってしまうと、
他に保証人を求めなければなりません。

そんなに保証人がいるわけでないので、

「1」のように未成年者が契約者になる場合もあります。

そして、家賃は保証人である父親が支払います。

未成年者でも会社員の場合には、

「1」のように、未成年者が契約者になって 、

親が保証人になり同意を与えることになります。

未成年者でも働いているので、

自分で家賃が支払えますから、

親が同意を与え、保証人になります。

未成年者の契約は、ちょっと、面倒です。

・光熱費などの支払契約

未成年者がアパートを借りる場合には、
アパートの契約の他に

水道光熱費や通信費などの契約も必要になります。

やはり未成年者なので

親の同意を必要としますが、
契約書に
未成年者と親の2人の名前を書くことが面倒なので

電気会社などから、契約者は
親が契約者になって欲しいといわれることがあります。

子供が一人暮らしをするようになると
色々な場面で、同意とか、保護者のサインを求められます。

電気代、水道代 ガス代 電話代など、
いちいち契約書を書き、振り込み依頼書を書くことになります。

スポンサーリンク

・勧誘に注意

また子供が一人暮らしをしていると

へんな勧誘がたくさんきて、

わけが分からないうちに契約をさせられることがあります。

そういう場合に、契約書には
法定代理人とか親権者の署名欄があります。

ここに親の同意を求めるものですが
ここに子供に署名させてしまう勧誘者もいます

未成年者の子供には、
絶対に 親であっても
契約書に 他の人の名前で サインしてはいけない
と、きつく、きつく言っておくべきです。

契約は、
未成年者なら、契約書にサインしてもまだ救済の方法がありますが、

20歳になると、成人ですから、
自分で責任を負うことになってしまいます

学生なので、
結局は親が支払わなくてはならないことになります。

うかつに契約書に署名はしないように
日頃から言っておくべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする