エアコンのないアパートを借りる時の取り付け時、退去時の注意点

◆マンションやアパートにエアコンがない場合

・エアコンがないアパートの取り付け工事

今はエアコン付きのアパートが多いと思いますが、
中にはエアコンがないアパートもあります。

エアコンがない場合には、
大家さんの許可を得てエアコンをつける必要があります。

最近のアパートなら
エアコンが取り付けられていなくても
借家人がいつでもエアコンを取り付けられるように、

エアコンの取り付け用の穴が開いていて、
専用コンセントもついていると思います。

もし、エアコン取り付け用の穴が開いていないと、
部屋に穴を開けなければなりません。

さらに、
エアコン専用の電源コンセントを必要とすることもあります

エアコン専用のコンセントの設置もしなければならないと
結構お金がかかってきます。

エアコン本体も6畳用で数万円、
エアコン設置工事費用も2万位するので
結構な負担になってきます。

・2DKのアパートは一つの部屋にしかエアコンがない?

できるなら、エアコンのあるアパートを借りた方がいいのですが、
2DKのアパートだと、一部屋にはエアコンがあっても
もう一部屋にはエアコンがない場合も多いです。

エアコンがない部屋でもエアコンが使いたい場合、
他の部屋のエアコンをつければ
涼しくなったり暖かくなったりしてくれればいいですが、
そうはいかない場合もあります。

借りる前にエアコンのことも考える必要があります。

エアコンを入れる

できるだけエアコンがあるアパートに入った方がいいですけど
そうもういかないのでしょう。

・窓掛けエアコンを買う

また窓掛けようのエアコンでも
一応大家さんに確認して設置した方がいいと思います。

窓掛けようでも、
窓がエアコンの設置に耐えられるかとか、
電気は大丈夫かなども

大家さん又は管理会社、
それと電気屋さんによく聞かなければならないと思います。

◆退去時のエアコンの処理

・アパート退去時のエアコンの問題

アパートの退去時に
エアコンの処理が問題になることもあります。

取り外して引っ越し先に持ってくか、

置いていくかしますが、

あまり期待できませんが、

大家さんが買い取ってくれる場合もあります。

大家の許可を得て
何かを取り付けた場合の規約が

契約書に書かれているので

それに従うことになります。

また、エアコンを持ってくなら、
電気工事代がかかります。

取り外し工事代と取り付け工事代の

二つの工事代がかかってしまうのです。

・窓掛けエアコンの場合

窓かけようのエアコンなら、
引越の時などは取り外し、移動ができ便利ですが、
窓に取り付けるので、

使用中窓が完全にしまらないと思います。

防犯や防音の問題が出てきます。

窓掛エアコンの使用中は、
窓が半開きでも鍵を取り付けられる部品が
売っていればそれを使えばいいと思います。

また、窓掛けエアコンが、窓枠に合わない場合もあるのです。

◆エアコンに関するアドバイス

・エアコンがないアパートは借りない方がいいか?

エアコンの設置は、
取り付け時も引越時もちょっと面倒かもしれません。

エアコン代を自分で払わなければならないし、
アパートを出る時にも面倒です。

私達が若い時にはエアコンは比較的高価な物でしたから、
引越時にエアコンを持って行く人が結構いました。

今はエアコンもずいぶん安くなってので、
置いて行った方が
移設工事代がかからないのでいいかもしれません。

次に移るアパートにエアコンがあれば、
誰かに売ってもいいかもしれませんが、

工事代金がかかるので、

本当は大家さんが買い取ってくれればいいと思います。

また エアコンがないアパートに入る時は

事前にエアコンを取り付けてもらえるよう

交渉するといいかもしれません。

また入居後にエアコンを設置する場合にも、
出て行く時にエアコンを置いていくから、

エアコン代を半分ずつ負担し合うとか、

大家さんに頼んでもいいのではないでしょうか?

または、借りる人がエアコンを買うのではなく、
大家さん自身が、エアコンを買って、
その部屋に取り付けるよう頼んでもいいかもしれません。

・エアコン取り付け時の問題(箇条書き)

大家さんの許可
エアコン代の負担を頼む
退去時のエアコンの措置

取り付け時 穴が開いていないと勝手に開けられない

取り付け標準工事、
専用コンセントが必要な場合
部屋に取り付けられるか

どこに取り付けるか
室外機が置けるか
ブレーカーが上がらないか

引越時に取り外しと取り付け代の2回分の工事代がかかる

穴が開きっぱなしになり、事前に許可があれば怒られない

また買い取ってもらってもいい

結構気をつけなければならない点があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする