次の引越が決まったら、すぐにゴミ処分。間に合わないと金がかかる

◆ゴミの処分が大変、新居に持て行くゴミ

・荷物整理をしていると、出てくるゴミ

新しいアパートに引越することが決まったら、
引き渡し前までに
荷物をまとめ引越の準備をしますが、
その時に
必要な物と、
いらないものを 分けることになります。

不用品、ゴミの整理は大変です。

ゴミの収集日は決まっているし、
燃えるゴミとビンや缶、雑誌や粗大ごみも出るでしょう。

壊れた家具や電気製品なども出てくると思います。
ゴミの処理に困ります。

早めの準備が必要です。

・ゴミは引き渡し日までに整理、分別する、生ごみも問題

ゴミは、引越する前に できるだけ捨てるようにします。

生ごみが
退出の日までに捨てられないと
臭くて困ります。

食べた後の空き缶なども臭くなります。

退去の日までに
どうにか生ごみや臭いの出るものだけは処分し、

その後はできるだけ生ごみが出るような食品等は
買いこまない方が良いと思います。

捨てられなかったら
臭い生ごみを
新しい引っ越し先に持って行かなければなりません。

ゴミ処理

◆間に合わないと面倒! 買い取り業者に引き取ってもらう

・各種の専門業者に買い取ってもらう

引越の際、持ち物を取捨選択して、
いらないものはリサイクル業者に売却するといいです。

中古買い取り業者は、
業者ごとに 取り扱っている物が違います。

本屋、DVD等を専門にしているリサイクル業者、
家具等や服、貴金属を
専門に買いとっているリサイクル業者があります。

なんでも買い取っている所は、
買い取り額が安くなる気がします。

貴重なマンガ本などもあるのです。

よく古めかしいものが高く売られていたり、
「こんな古いものがこんなにするの?」
と思われるこがあります。

私も、中古ショップは利用するのですが、
買い物に行くと、
「こんな貴重な本が
どうしてこんな値段でうっているの?」

とか

「こんなに高いんじゃ新品買った方がいいや」
と思こともあります。

また売る側になった時、
業者によって 1円にもならないと言われたものでも
他のお店に持って行った
ら数千円になったこともあります。

マニアックな物、専門性が高い物ほど、
専門の中古ショップに持っていた方が
高く買ってもらえるようです。

引越が決まったら、
荷物整理をすぐに開始し、
ゴミをまとめ
売れそうなものはインターネットで調べるといいです。

いらないと思ったものが高く売れるとうれしいです。

マンガ本、CD、DVD、記念メダル、
玩具、フィギア 芸能人の物などは
高値で買い取ってもらえる場合もあるようです。

・値がつかなくても引き取ってもらう

値がつかなくも、引き取ってもらえれば、
処分の手間が省けるので

すぐに捨てる前に、

時間があれば

リサイクル業者に見てもらうといいです。

値段が全くつかなくて、家に置いておくと、
場所も取り、自分で捨てることになったら
時間も手間もお金もかかるかもしれません。

引き取ってもらえるなら、
引き取って業者に処分してもらった方がいいかもしれません。

退去の時までに部屋のゴミを片付けないと行けませんから
間に合わないと大変です。

廃品回収業者を調べて持ちこむと、
買い取ってくれて、お金をもらえることもあります。

・いらない物をオークションで売る

不用品をオークションで調べて自分で売ることもできます。
ネットオークションは、
多くのものが売れるようです。

ネットで販売慣れしている人は
何が売れるとか、こんなものでも売れるとか知っています。

購入者とのやり取りや梱包が面倒ですが、
納得のできる値段で売れれば
オークションに出してみる価値はあると思います。

◆退去の時までにゴミ処理が間に合わないといけないから、

・廃品回収の業者は選ぶ

「無料で引き取ります」
というアナウンスで回っている廃品回収業者がいます。

呼び止めて持って行ってというと
「これは、料金がかかります」
と言われた経験があると思います。

話が違うなあと思っても
面倒だ、時間がないから数千円で済めばいいや
と思って頼んでしまう場合もあります。

これがこの人達の手口かもしれないと疑ってしまいます。

・お金がかかるが業者に頼む、行政のゴミ処理場に持ってく

雑誌、鉄、アルミ製品や 壊れた電気製品、自転車は、

処分料を取られますが、
市役所の廃棄処分場に持って行くといいです。

面倒ですが今の時代
ゴミの処理、買い込んだ場合の物の処分に
時間も手間もお金もかかるのです
余計な物は買わないようにしようとこの時には思います。

・引き取ってもらえない粗大ごみ

リサイクル業者やゴミ処理業者によっては
買い取ってもらえない、
引き取ってもらえない物もあるようです。

健康器具、マッサージ機、ベッド等、自転車、電気製品など
買い取り業者でも引き取ってもらえないものもあります。

有料ですが
行政の処分場に持って行くと たいがいのものは処分できます

◆不用品のアドバイス、割り切りとゴミ処理代の覚悟

・ゴミを新居に持って行くな! ゴミに引越運賃を払う気か?

退去の日まで煮不用品を捨てられないと
ゴミに引越運賃を払って
新しいアパートに持って行くことになります。
新居で処分することになります。

また新居に移っていっても
いらない物と必要なもの区別できない場合や
本当はいらないものなのに、捨てられない場合だと
新居に移っても
区別できなかった物は
ずっと押し入れや物置に入れっぱなしになると思います。

ゴミを、家賃を払って保管することになります。

ぬいぐるみ プラモデル 本 CD DVD
着なくなった古い服
思い出の物などは

捨てられなくて困るかもしれません。

・捨てられないのは気持ちの問題

「 もったいない 」と思って捨てられないなら
友人にあげちゃえば
有効利用してもらえそうだし、
いつでも見られるから安心するかもしれません。

捨てられないものは、
友人にあげちゃうことで、

執着心がなくなる場合もあります。

このように、どうしても物が捨てらえないことが多いです。

年を取るとどんどんひどくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする