一人暮らしは洗濯機や家電の準備、契約電流やコンセントの確認も

◆洗濯機、冷蔵庫などの家電製品の準備

・家庭電器商品を買い揃える

一人暮らしを始める時に
新しく用意する電気製品はたくさんあります。

家にあればいいですが、
何かしらは購入しなければならないと思います。

就職する場合でも、学生が進学する場合でも
一人住まいを始める為に、
色々な家庭電器製品を購入することになるとと思います。

ほとんどの人が必要な家電製品は、次のようなものが考えられます。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、
こたつ、ストーブ 照明器具、ジャー 掃除機
電気ポット、DVDデッキ、扇風機など

電気ジュ―タンや電気毛布なども
必要な人もいるかもしれません。

たくさんの電気製品を購入しますが、
また、それを利用する為に、
必要な付属品を忘れてはいけません。

スポンサーリンク

・家電製品の利用に必要なコンセント等

電気製品を使うには、
テーブルタップ(電気のコード)、コンセントが必要です。

格安の電気コードは売り切れてしまう場合もあります。

コンセントプラグ(電源タップ)は、100円ショップでも買えますが、
引っ越してくる人が多い地域の100円ショップは
コンセントプラグ(電源タップ)が売り切れてしまうことがありました。

プラグ

テーブルタップやコンセントは、
地元で買った方が良いと思います。

こたつ布団、電子レンジを置く棚、
テレビの台なども用意するのを忘れてはいけません。

学生の場合は、電気製品は引越する前に
親と一緒に家電量販店に行って、
電気屋さんのアドバイスを受けながら買った方がいいです。

・環境が違う地域に引越する場合

アパートが日当たりが悪い場合など、乾燥機を買う人もいます

また、雪国では除湿器が必要な場合もあります。

乾燥がひどい地域に行くと
肌荒れがひどくなる敏感肌の人もいます。

加湿器が必要になることもあります。

住んでいた環境と違う環境に引っ越しすると驚きます。

北海道の人が関東に来ると暑く感じると思うし

九州の人は、東北に引越すると、
あまりの寒さや雪の厳しさに驚くかもしれません。

そういう場合、電気ジュータン、ストーブや
除湿器、乾燥機が人によって必要になると思われます。

雪国に行ったことない人は、
雪国では 冬に洗濯物を、
どうやって乾かしたらいいか悩むかもしれません。

・洗濯機の用意、ランドリーラックも必要

面倒なのが、洗濯機で、
洗濯機の排水溝の位置の確認をして、
洗濯機を置くトレー
借家人が用意する必要がある場合もあります。

洗濯機

洗濯機を買う時に
電気屋さんと不動産屋さんに
洗濯機の排水溝や、
どの位の洗濯機がおけるのか、確認する方がいいです。

アパートに置ける洗濯機のサイズ
トレーのことを不動産屋さんに教えてもらう必要があります。

すぐに洗濯機が用意できない場合には、
コインランドリーのことも聞いておいてください。

洗濯機の周りに置くランドリーラックというのもあると便利です。

洗濯した物や、洗剤を置く為のものも用意した方がいいです。

それは洗濯機を用意した後から買ってもいいですが、
今まで洗濯したことがない男がこれを用意することは面倒です。

スポンサーリンク

◆通信関係、パソコンの準備

NTTの電話回線やネット通信などは3月は大忙しで
回線工事が4月以降に入ってしまう場合も多いようです。

一般電話器も必要になると思います。
2000円位から買えるようです。

また、パソコンとプリンターが必要になると思います。

スマホがあるから、
インターネット環境もパソコンも不要と思うかもしれませんが、

会社に勤めたり、大学に通うようになったりすると、
パソコンもプリンターも必要になると思います。

その為ネット環境も準備しなければならないと思います。

◆家電製品がたくさんあるので最大契約電流量も確認する

・契約電流を上げる必要がある

アパートは、空室期間が長いと
契約電流を最低に設定している場合があります。

あるアパートの引越を手伝った時、
掃除機と照明をつけると
ブレーカーが上がってしまうので面倒でした。

翌日電気会社に連絡して、
その翌日に契約電流を上げてもらえましたが、

忙しい時だったら、
なかなかあげてもらえない場合もあります。

入居前に電力量の確認をしておくべきです。

・契約電流の上限とコンセントの数の確認

アパートを借り時、
電流がどれだけ多く使えるのか確認する必要もあるようです

昔のアパートだと、
アパート内の配線が細くて
20Aか 30Aまでしか使えない場合があります。

別途配線工事をすれば
もっと電気量をあげることができると思います。

それには、配線の工事代金を払わなければなりません。

また、コンセントの数も少ししかないアパートもあります。

コンセント

パソコンなどの家電製品が
こんなに普及される以前に立てられたアパートだと、
家電製品も今よりも少なかった為
コンセントの数も、想定契約電流も低かったのだと思います。

また、家電製品のことをあまり考えないで設計したアパートは、

コンセント数が少ないので

電気のコードがタコ足配線になってしまって、
危険な場合もあります。

コンセントのことや使える電気量を確認した方がいいです。

現代の生活において、電気製品はかなり使います。

家電をたくさん使う人は、
アパート探しの段階で、
コンセントや最大契約電流のことも確認すべきです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする