契約時に中途解約、更新料や契約終了の方法、修繕義務も確認する

契約前に重要事項を話しますが、
その時に、更新料や契約の解除に関することも

きちんと確認して聞いておく必要があります。

しかし、いざ更新や退去する時に
思っていたことと違って
たくさんのお金がとられることがあるのです。

◆更新手続きについて知っておく

・更新時のトラブルは、高い更新料の支払いがあるから

アパートなどの賃貸契約は契約期間が過ぎたら
契約が終了になりますが、
契約終了の日までに何の連絡もしなければ、
以前と同じ条件で
もう一度おなじ契約がされたとみなされます。

契約が終了するので
もう一度契約書を書くように不動産屋さんが言ってきます。

この時に更新料が
家賃の一カ月分とか、
1万円とか言った金額が取られる場合もあります。

無料で契約書を書き直す場合もあります。

そういう更新時の手続きや
更新料金のことも
最初の契約時に確認しておくといいです。

記録メモ

そうしないと
更新料が高い場合や
更新後家賃が上がる場合もありますから、

お金の準備も必要になります。

またどうして更新手続きが必要なのか、
なぜお金がかかるのか、
自分たちで更新手続きをしてもいいのかなども、

契約時に確認しておいた方がいいです.

更新料のトラブルも多いです。

田舎のあまり細かいことを気にしない大家さんは、
更新の手続きはしないで、
自動更新している場合もたくさんあります。

不動産屋さんが入って
しっかりと管理している場合には、

更新手続きもしっかりとやることも多いのです。

そこにお金がかかる為問題になります。

スポンサーリンク

◆中途解約について

・契約途中での契約の解除についても聞いておく

契約期間が2年の場合、
2年間は絶対に借りていなければならないのか
と思ったら そうではありません。
契約の解除に関する事項の記載がある筈です。

通常一カ月前に
解約の申し入れをすることができることが

契約書に書かれていると思います。

急に借主に出て行かれると、
大家さんの収入が減ってしまいますから、

「今日、退去する、アパートを出ていく」

と突然言われると、困ってしまいます。

そういうわけに行きません。

一カ月前に 出て行くことを告げてもらえれば、
その間に 他に借りてくれる人を見つけることができます。

転勤、転職などで引越することは容易に予想で来ますから
中途解約が、普通はできると思います

中途解約の取り決めがない契約書の場合は
中途解約する時もめることもありますので、
しっかりと契約時に確認した方がいいです。

◆アパートの退去時の修繕義務、敷金返還のトラブル

・退去時の修繕義務があるのかも聞いておく

普通のアパートに生活していてると、
設備が壊れることはあります。

お風呂のボイラーが壊れることも
給湯器が故障することもあります。

換気扇が壊れる場合もあります.

通常大家さんに修繕美務があるのですが、
物によっては、
又は大家さんのよっては、
ある特定の設備が壊れたら
借家人が修理してくれと言われることもあります。

私が借りたアパートの、
一つの窓に網戸がありませんでした。

不動産屋に連絡すると
自分で用意してくれと言われてしまいました。

また、契約書を見ても
網戸の修理については、
自分で直すようなことが書かれていたのです。

1万円近く出して網戸を買いました。
夏は、窓を開けていないと暑くて仕方がないのですが、
蚊や羽虫が飛んでくるのです。

網戸は必要ですが、網戸も安くないのです。

スポンサーリンク

・解約時の手続きを聞いておく

契約したら、いずれ解約する時も来ます。

解約する時にどういう手続きをするのか
きちんと聞いておきます。

契約期間終了の日が来たらアパート契約は
終了すると思われるのですが、
それまでに何もしないと 自動更新になります。

更新しないで、引越しする場合、
いつまでに誰に連絡するとか
どういう手続きをすればいいのか、
知っておく必要があります。

最後の月の家賃は日割り計算するとか、
掃除業者を使うのか
敷金や保証金はいつ返してもらえるのかなど

契約が終了して
そのアパートを出て行く時
どのようにしたらいいのか、
入居の時に、
契約書に書いてあるか確認する必要があります。

・修繕義務、敷金の返還も契約時に確認しておく

特に問題になるのが、
修繕義務、敷金の返還問題です。

その部屋に住むということで
部屋はいたみますが、

通常の利用による部屋や設備の自然損耗は当たり前です。

にもかかわらず、
クロスが汚れているとか
床が傷んだとか
浴槽や台所が汚れているからと
修繕費や清掃料を取ろうとする業者もいます。

注意して聞く

契約を解除した時、
どういう基準で修繕義務があり、
どこまで直すものなのか
きちんと納得がいくまで話した方がいいです。
何十万円も取られる人がたくさんいるようです。

入った時、きれいで新しかっただろう、
だから出て行く時に元通りにしてくるのは同然だろう
と言います。

では、ホテルに泊まる時、掃除がしてあり、
シーツも洗濯して新しいものです。

しかし 帰る時に部屋を掃除して
元の通りきれいにしていけとか、
クリーニングをかけて行けとは言わないと思います。

そういう事も含めて宿泊代を払っていると思います。

アパートの場合とホテルとでは違うかもしれませんが、
出て行く時に
あまりにもたくさんの修繕費を要求する不動産屋がいるので
困りものです。

次の契約を取りたくて
床やクロスを新しく貼り替えさせ、
なんでも新しくしたいが為に
できるだけ入居者に払わせようとする業者もいます。

・心配性からの賃貸契約時の確認アドバイス

通常の利用による部屋の痛みや日焼けのものについて
どこまで責任を取るべきなのか事前に聞いておくべきです。

契約の時にはっきりと聞いておくべきです。

「どの位取られるの?」
「敷金は返ってきますよね」と聞いてみるといいです。
「その時の状態によりますね」と言われるでしょうが・・・

2017年に敷金の返還や修繕義務について法律の改正があったようです。

契約の時に伝えたとか言われても、
借り主に、不利な条件だと困ります。

条件が悪ければ、契約はしないで、他の不動産屋に行って
他ではどうしているか、考えてみるといいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする