コンセントが少ないアパートは不便。自分の家電と電気の確認をする

アパートを探す場合には、案内された時に、
電気関係のこともよく考えるべきだと思います。

パソコンやインターネットの影響もあって
みなさん、大変多くの家電製品を使うようになりました。

その為借りてから

コンセントが全然たりないで困った

という場合も出てきます。

電気の確認

●電気製品とコンセントの確認

・入居前の電気の確認

アパートを探す時に
電気関係のことも確認するといいです。

今の時代は
家庭で使う電気製品が大変多くなりましたので、

電気をかなり使うことになります。

自分がどんな家庭電器製品を使うか
リストアップしておき、

アパートやハイツを案内してくれる不動産屋さんに
伝えるといいです。

・自分が使う家電製品をリストアップ

ドライヤーを使った時
ブレーカーが上がってしまった経験をしている人は
多いのではないでしょうか?
熱を利用した電器製品はかなり電気を使います。

台所の家電
冷蔵庫、洗濯機 電子レンジ 食器洗浄機

冷暖房の家電
エアコン、サーキュレイター 扇風機、こたつや電気マット、電気ストーブ
電気毛布など

通信機器
パソコン、プリンター、スマホ、FAX、一般電話

PCとスマホ

・ガスコンロがないアパート:IHクッキングヒーター

ガスコンロの使用ができないアパートもあります。

料理は
IHクッキングヒーターで行うことになります。
IH調理器電磁調理器

すると、

IHクッキングヒーター用
ナベやフライパンを

用意する必要があります。

ガス代はかからなくなりますが、

調理器具や電気代はかかってきます。

インスタントラーメンを食べるのも
電気ポットが必要になるかもしれません。

ガス器具禁止のアパートだと、
ブレーカーも
容量が多めなものが付いていると思いますが

電気の契約電力
あげなければならないかもしれません。

スポンサーリンク

・アンペア契約の変更と電気の基本料金

自分の使う家庭電器製品に応じて
アンペア契約をすることになりますが、

契約アンペアの量が多くなるほど、
基本料金が上がります。

基本料金は使っても
使わなくてもかかるものなので、
よく考えて契約するべきです。

ドライヤーを使う時に、ストーブを切れば
ブレーカーが上がらない場合には、

契約アンペアをあげるか、
ストーブを切るかを考えることになります。

1)寒いのは耐えられないから
契約アンペアをあげようとすると
電気の基本料金が上がってしまいます。

2)しかし、基本料金が上がるのは嫌だと思えば、
ドライヤーを使う時だけ、
ストーブを切ればいいわけです。

利便性をとるか、
節約するかは人によって色々だと思います。

・コンセントが少ないアパート

アパートの場合、コンセントが少ない場合も多いです。

たくさんの人が
パソコンやプリンターを使い、
スマホの充電をすることが多くなっていますから、
その分のコンセントも必要です。

また、エアコンがない部屋の場合に、
自分でエアコンを買ってつけようとするならば
エアコン専用のコンセントが必要になります。

その確認もするといいです。

こういうことも

借りてから、気づくことが多いです。

パソコンや通信機器があると
かなりコンセントが必要になります。

タコ足配線になっている家庭は
多いのではないでしょうか?

自分が使う家電によって
どれだけコンセントが必要なのかを考えて

アパートを探すといいです。

コンセントの増設ができるようであれば
大家さんにしてもらうといいです。

・配線には上限があってアンペアをあげられない!

アパートを借りた場合に
電気をたくさん使うから契約アンペアをあげようと思っても、
あげられない場合があります。

アパート内に電線が通っていますが、
その電線の太さによって、

流していい電流の限度が決められています。

細い電線だと、そんなに多く電流を流すことができません。

40アンペアで契約していたが、
すぐにブレーカーが上がってしまうので、
50アンペアに契約を変更しようと思っても

できない場合があります。

アパートに設置されている電線が、
50アンペアには耐えられないと
電力会社の人に言われたら、
それはできません。

電線の貼り替え工事が必要になります。
工事費用が掛かるので大変ではないかと思います。

・照明器具の確認

アパートによっては、照明器具が付いている場合と、
自分で照明器具を用意しなければならない場合があります。

昔は、照明器具は
自分で用意しなければいけませんでした。

最近は大家さん側で設置してくれているアパートも
増えてきた感じがします。

それでも、足りない部分は自分で用意しなければなりません。

以上のように
アパートを借りる際の、電気関係の確認は重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする