ハイツ、マンション、アパートとの違い、防音効果は、お勧めは

◆コーポ、ハイツ、アパート等の違いと防音効果など◆

賃貸の貸家の種類はいくつかあります。

貸家住宅は、
マンション、一戸建ての貸家、木造アパート等に区分できると思います。

初めてアパートを借りる時に、
賃貸マンション、一戸建ての貸家、アパート、コーポって
いったい何が違うのかと考えてしまう人もいると思います。

木造か、軽量鉄骨造か、鉄筋コンクリート造かによって
名称が違っているようです。

スポンサーリンク

・木造アパート、コーポ、○○荘、ハイツの区別、違い

一般的な賃貸住宅は、木造アパートが多いと思います。

建物の柱などの構造部分が、
木でできている建物で
一つの建物の内部を、
一つの家として使えるように区分されたものを、
木造アパートと言うようです。

柱に木が使われている建物の他に、
金属(軽量鉄骨)で、作られた集合住宅もあります。
そのことをコーポやハイツという場合もあるようです。

しかし、
軽量鉄骨造の集合住宅も アパートと呼んでいるような気がします。

「アパート経営」と言いますが、
「コーポ経営」とはあまり聞きませんから、

通常コーポもハイツもマンション以外の集合住宅は
アパート と呼んでいると思われます。

アパートは一般に連棟式のものが多く
一つの屋根、一棟の建物の中に
ベニヤやモルタルの壁やコンパネ等で区切って
一世帯ずつに住まいとして貸し付けているものです。

それぞれの区切りごとにドアがあり、
台所や風呂トイレと居間や寝室があります。

木造は、建築代金が安いので、
貸家業をやる人(大家)は、
木造アパートを建てる人が多いようです。

木造アパートと、軽量鉄骨造のアパートは、
見た感じも部屋の中に入っても
私には、違いがわかりません。

・騒音問題と、木造アパート

単純で工夫のない木造アパートだと
入居者が入らないのです。

近年は、入居者のことをきちんと考えて作られている
アパートも増えてきたようです。

木造は、普通の一軒家に住んでいる人はわかると思いますが、
隣の部屋の話声や物音はよく聞こえます。

木造アパートも同じようで、
隣の人の生活音は聞こえてきます。

近隣の生活に関する問題で多いのが近所の騒音ですが、
木造のアパートのトラブルや不満が、
最も多いのは隣の人や上の人の生活音などの騒音だと思います。

木造はデザインがかなり自由にできるようで、
騒音対策として、
隣の部屋との間に押入れやバスルームを作ったり、
部屋の構造を工夫して騒音対策をしているアパートもあります。

アパートの他に、
コーポ、○○荘、ハイツと付くものもありますが、
こういうものは ほとんどが木造のようです。

透視図

木造なので、防音がしっかりとしていないことが多く、
隣の音が、聞こえたり、二階の住民の足音もします。

当然、自分が騒げば隣の人に声は聞こえるし、
テレビや音楽を大きな音でければ、隣に聞こえてしまいます。

大きな話声で話せば
隣の世帯に聞こえるためプライバシーは守れないかもしれません。

木造アパートに住むには、人に迷惑のかからないような配慮が必要です。

いままで戸建て住宅に入っていた人が、
集合住宅に始めてはいると

「隣の人の生活音がこんなにも聞こえてくるのか!」
と驚く人も多いと思います。

かなり聞こえます。

・軽量鉄骨造の建物でも騒音は気になる

コーポやハイツと言われるものの中に
軽量鉄骨 で作られているものもあるようですが、

コーポやハイツは、はっきりとした定義はないのかも知れません。

軽量鉄骨の方が
木造アパートよりもしっかりとしているようで、

耐用年数は木造より長いようですが、
丈夫さは柱の量や作りでどうにでもなるかもしれません。

隣の部屋との壁、床はベニヤ等でできていますから、
防音効果は、木造アパートとそれほど変わりないように思います。

木造アパートに入っても、軽量鉄骨造のアパートの入っても、
違いはよくわかりませんでした。

・テラスハウス(メゾネットタイプ)

木造アパートでも、テラスハウス(メゾネットタイプ)という、
一階と二階で一世帯とした木造アパートもあります。
一階二階で、一世帯とした作りの連投式の貸家です。

≫ 関連記事 メゾネットタイプの賃貸アパートの長所や短所、住んだ感想

上に住んでいる人の足音が気になる場合には
メゾネットタイプのテラスハウスがいいです。

寝るのは二階の部屋にすれば、静かに休めると思います。

建築コストがかかるのでアパートよりも少しだけ家賃が高いかもしれません。

・一戸建ての貸家は人気がありお勧めです

小さな一軒家の貸家もあります。
集合住宅に比べて建築費用がかかりますが、
人気があるし、家賃も高く取れるので、
高くても建てる大家さんはいます。

一軒家の為、隣と部屋がくっついていません。
隣との壁はありません。独立した、一軒の小さな建物です。

借主ごとに、独立した一件の建物になります。
集合住宅よりは気兼ねしないで住むことができます。

普通の一軒家を借りることになるので、
隣の家の音も、それほど聞こえませんが、
窓を開けておけば、
隣のテレビの音もきこえますし、話し声も聞こえてきます、

戸建て貸家でも、
楽器演奏は通常は近所迷惑になると思います。

しかし 新しい戸建て貸家は、
集合住宅よりも家賃は高めです。

家賃が安い貸家もありますが、古いものも多く、
くみ取りトイレであったり、水道設備など古かったりして、
若い人はあまり借りたがならいようです。

また、古い貸し家は、防犯の心配もあります。
窓が多いのでどこからでも簡単に侵入できそうです。

戸建ての貸家は、一角地に数棟建ててあるので、
敷地内に知らない人が入ってきても、
誰かの知りあいかと思って、審者扱いできないのです。

それが怪しい押売りだったり、
悪事を働く人だったりする場合があります。

スポンサーリンク

・賃貸マンションは防音効果があり、防犯にもいいのでお勧め

プライバシーや防音を考えると、
賃貸マンションや一戸建ての貸家がお勧めです。

マンションは鉄筋コンクリート造りなので、
防音効果は、かなりなものだと思います。

マンションは賃貸だけでなく、分譲販売もされるものであり、
独立した住宅のように、
かなりしっかりとしていて
防音効果は 木造とはくらべものになりません。

それでも、大きな音でドラムやピアノ等の演奏をすると
隣に聞こえてしまうかもしれません。

それはマンションの構造等によると思いますので、
かなり大きな音を出したり、大勢の人を呼んだりするような
商業用のマンションと
住宅用のマンションとでは作りが違いますから
不動産屋さんに確認するといいです。

賃貸マンションは、
建築費用がかなり高額になるので、
家賃が高く、数が少ないです。

・私の賃貸住宅のアドバイスとお勧め

私が借りるとしたら、マンション、戸建て、テラスハウス、
そして、しっかりとした作りのアパート の順かもしれません。

ただ、一戸建ての貸家でも古いものだと考えものです。
マンションでも住んでいる人達によっては、嫌な場合もあります。

木造アパートでも、
家賃が安くて、入居者達もいい人で、
音に気を使わないで済めば
何の問題もありません。

賃貸住宅選びは、
実際に部屋を見てから決めるといいです。
それでも、住んでみないとわからないことが多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする