アパートを借りる時に保証人が必要。身内がいない人は心配です

◆アパートを借りる時は保証人が必要

・保証人がいないと借りられない、契約できない

アパートを借りる場合(借家契約をする場合)
必ずと言っていいほど 保証人を求められます

法律で保証人をつけなければいけない
という言う決まりはありませんが、

借家契約をする場合は、
昔から保証人を付けることが習慣になっていようで、

市販の契約書にも、見本の賃貸契約書にも、
保証人を書くようになっている書式のものが
たくさんあります。

・借家契約における保証人の役目

借家契約における保証人の役割は、
借りている人が、家賃を払えない場合に、
保証人に支払ってもらうものです。

アパートを壊した場合において、
借家人が修理しなかった場合にも
保証人は修理しなければなりません。

また賃貸人が退室する時に、
修繕義務があるのに
修理しないで出て行ってしまった時なども
保証人が支払うことになります。

保証人は、

未払い家賃の支払や修繕義務、身元引受的な役目をします。

スポンサーリンク

◆借家人と連絡が取れなくなった場合にも

時より、借りている人が家賃を支払わなくなることがあります。

 その大家さんも、
アパートを借りている人が 家賃を払わなくなり、
何の連絡もしてこないそうです。

大家さんから、電話連絡しても、
不通になって連絡が取れません。

夜そのアパートに行っても、帰って来た様子がありません。

勤め先に連絡しても、
その会社にも、出社していないのです。

家主はそういう場合であっても、
アパートの部屋を勝手に開けて部屋の中を見ることができません。
法律違反になります。

保証人に連絡し、かかわってもらい、
保証人立会いの下で、
部屋の鍵を開け、様子を伺うことをします。

そういう場合、荷物がなくなっていて、
ゴミしか残っていない場合もあるそうです。

また、生活用品を残したまま
いなくなってしまった場合もあります。

そいう時、保証人が荷物を片付け、
未払い家賃を支払い、
修繕義務があれば、修理代も支払う義務が生じます。

なぜか突如いなくなってしまう人もいるのです。

◆保証人になる人、なってくれる人がいない場合

・どんな人が保証人になってくれるのか?(身内がいない人)

保証人は、大概親や兄弟姉妹などの
身内がなる場合が多いと思います。

家賃の未払い程度の保証なので、
そんな大騒ぎするような保証でないと思います。
身内の人がなることが多いです。

保証人は所得がある人を要求されますが、
親が定年退職している場合など
無職の人でも大家がいいと言えばなれます。

身内以外に、
保証人になってくれる人は

そうそう いないのが 普通です。

スポンサーリンク

・保証人がいない場合も多い(身内がいない人の場合)

親や身内がいない人や、独身の人などは、
会社の同僚や、友人で、
同じような境遇の人同士で、
お互いが保証人になり合っている人もいます。

信頼

兄弟姉妹に 保証人を頼む場合であっても、

兄弟姉妹の配偶者が
「保証人になることを許さない」と言って

アパートがなかなか借りられない人もいました。

今は兄弟姉妹が少なく、一人っ子の人で独身の人も多いです。

借家契約も保証人がいないとできない場合もあります。

注意・・・高齢になると余計保証人になってくれる人はいません。

やはり高齢になって借家契約をしなくても済むように

小さい住宅でもいいから
自分の家を手に入れた方がいいかもしれません。

・保証人がいないと生活がしにくい

「保証人もいない人に家は貸せない」
ということかもしれませんが、
そう言われてみればそんな気がします。

借家の保証人でも、
信用のできない人の保証をすることは、誰でも嫌です。

借家契約時だけでなく、
他の場合でも保証人を要求されます。

ちょっとした健康検査の時にも、保証人が必要です。

入院する場合も治療代について保証人が必要です。
手術する場合の同意書にも、
誰かのサインが必要になります。

就職するのにも、身元保証人が必要です。

なにをするにも、責任とか、同意書とか
やたら面倒になってきている時代で、

当事者以外に
誰かのサインが必要な時代になっているようです。

◆身内がいない人へのアドバイス

何かと保証人が必要になっている時代ですから、
自分を保証してくれる人を
普段から見つけておかなければなりません。

自分が、信用してもらえるような人になる努力をして、
保証人になってくれる人を探して
よく付き合っておくべきです。

特に、独身の人は高齢なった時
色々な場面で保証人や保護者などを要求されます。

独身の人が増えている時代ですが、
若いうちから、
人と仲良くしておく必要があると思います。

貸家契約の仲介や相談事に乗っていると、
保証人に関する問題も出てくることが多いです。

その人の今までの生き方が問われる時が
保証人の求められたときに出てくる時があります。

「自分には、誰も保証人になってくれる人がいない」
と思った時、寂しく感じると思います。

私も保証人を求められたら困ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする