アパート探しに重要な不動産屋の営業マンの性格別の紹介方法

◆アパート探しは不動産会社の仕事内容も理解することも重要

・不動産屋の従業員の給与体系と仕事の内容

不動産業の仕事は、
アパート等の契約を成立させないと

手数料を頂くことができません。

専任の宅建主任者は
事務処理で給与をもらえますが、

営業職の場合、
固定給と歩合給になっている場合が多いようです。

固定給がかなり少ない会社もあると聞くこともあります。

契約と取らないと
生活ができない場合もあるかもしれません。

それは、従業員が、契約を取ってくれないと
会社自体の売上がないので、給与が払えないからです。

また、都心の賃貸専門の不動産屋などは
月に何契約を取らなければいけない
というノルマもあるところが多いようです。

その為 ノルマをこなさいと会社にいられなくなるし、
給与も取れないので
契約件数を増やそうと 必死にアパート紹介をします。

昔は、アパート等が少なく
大家さんを確保することが大変でしたが、
大家探しの営業マンもいて
大家獲得は大変だったようです。

今は,アパートがたくさんあるので
大家さんの獲得よりも
いかに借主を探すか、
契約を成立させるか が問題になります。

・アパートの管理もしている不動産屋もある

また不動産屋によっては、入居者の決定も任され、
アパート修繕管理や、
家賃の回収業もしている場合があります。

大家さんと満室契約もしているところもあるので、

一度借りてくれたらずっと入居していて欲しくて

懸命に契約を維持しようと
努力している不動産管理会社もあります。

そういう不動産会社は、
借主の意見も聞き入れてくれるいいところもあります。

不動産屋

◆心配症の不動産屋の営業マンの助言も重要

・引越の相談に良く乗ってくれる営業マンを探すといい

不動産屋の営業マンには、
借り主に合ったアパートが選べるように助言してくれる人もいます。

洋服や家具を買う時には、とりあえず自分でさがして、
購入しようかどうしようか
迷った時に、店員さんに聞いますが、

不動産屋の場合には、初めから色々相談しなければなりません

どういうことで引越するとか、
予算はいくらくらいとか伝えて もらうと、
借主に合ったアパートを選びを考えることができます。

お客さんと話しながら、
ここお客さんはどんな人なのか、どういう性格かも考えます。

その人の性格を知り、
紹介するアパートの短所や長所を説明する必要もあります。

過敏なお客さんなら
この木造アパートは、希望地で、予算内だけど、
防音効果や防犯のことを考えると、
この人には合わないかもしれない、
という助言が必要な場合もあると思います。

せっかくこの人が部屋を決めてくれそうでも、
「以前住んでいた人は、
壁が薄く、隣の人の声がよく聞こえるとうことで
出て行ってしまったのですよ。」
とか

「このアパートは、奥まった路地にあり、しかも坂があるので、
夜の帰宅が遅い女性や 体力がない人は
何回か見に行ってから決めた方がいいですよ。」


心配ごとのようにも聞こえるアドバイスをする
不動産屋の社員もいると思います。

・自分の営業成績よりもお客さんのことを考えてくれる人

不動産屋の社員は、
契約を取らなければ給与が取れないのですが、
お客さんの為に、嫌なことでも、
都合の悪いことでも言ってくれて
親身になってくれる営業マンの方が私はいいと思います。

ただ、マイナス思考の営業マンもいます。
「この営業マンは、嫌なことばかり言うな」
と思われるかもしれませんが

経験上、重要で、心配してくれている場合もあります。

悩む社員

借りる人が
「そのことについては大丈夫です」
「親切に色々言ってくださったありがとうございます」
と思っていればいいと思います。

また、的外れに心配する営業マンもいるので、
助言が多すぎる人も面倒です。

細かいことをいいアドバイスしてくれる人と
「余計な細かいことを言いやがって、神経質だな」
と嫌がる借り主には
心配性の営業マンは合わないと思います。

スポンサーリンク

◆どんどん進めるイケイケ営業社員

・ベテラン営業マンは、いい物件を決めてくれる

強気な営業というか、無駄なことや悪いことを言わず
自分の好みや考えだけで、
このアパートを契約させたいと思う営業マンもいます。

慣れた営業マンは、
お客さんの話をある程度聞いて、
そのお客さんが、場所重視 家賃重視 環境重視かなどを即判断して、
この人にはこの物件を紹介しようと決めてかかる人もいます。

賃貸住宅は、そんなに選べるほどありません。
その地域で 安くてものがいいアパートは
入居者が出ていきませんので 良い物件は決まっているのです。

それを紹介すれば間違いがないというアパートがあるので
それを紹介したがります。

・良いアパートでも自分に合わない場合もある

しかし、借り主にとっては
色々見ないと納得がいかないこともあるのです

余計な時間をかけていると、
引越シーズンは他の人に借りられてしまうこともあります。

この良い物件が他の人に契約されてしまうと、
お客さんも気の毒だし、
自分も手当がもらえなくなってしまうのです。

そういう時間と自分の歩合給を考えると、
できるだけ時間をかけないで契約を成立させたいのです

また、アパートの短所や、悪い部分をいうと
契約してくれなくなります。

イケイケの人は、
「アパートはこんなもんだ」、
「その予算ならこの位の短所は仕方がない」と決め込んで

深く考えないので、それがいい場合もあると思います。

いらぬ心配、取り越し苦労、
迷わせることを入居者にさせないで
スムーズな契約ができる場合もあります。

心配症の営業マンよりもてきぱきときめるので
即、良い物件を紹介してくれて
無駄な時間がかからない場合もあります。

◆アドバイスもしない不動産屋

全くアドバイスもできない従業員もいますから
これは嫌になります。

「そのアパートを決めたのはあなたでしょう」、
「あたしはあなたが言った条件に適合したアパーとの案内をしただけよ」
という社員もいますから、

借りる側に取って、
これから住むのに重要なことを言ってくれないと困る場合もあります。

ただ間取りと家賃などを記載したパンフレットを見せただけで
何もアドバイスを言わない従業員はそんな感じです。

こっちから聞かないと答えないし、

面倒だから、何を聞いても
「そうですね」、
調べるのが面倒だから「わかりません」
としか言えない人もいます。

引っ越し慣れしている人なら、
自分でわかるから、
こういう不動産屋の社員でもいいかもしれませんが、

引っ越し慣れしていない場合には、
違う社員に変わってもらうか、違う不動産屋で探すといいです。

◆心配性の相談員からのアドバイス

私は、動産屋で働いていた時もそうだし、
自分がアパートを探していた時も色々考えました。

心配性なので、
不動産の相談を受けた時にかなり細かいことまで気に止めます。

余計な心配も言ってしまって、
前向きな人の心をおかしくさせてしまったこともあります。

おとなしい女性のアパート探しのアドバイスを求められたとき
そのアパートの空き部屋の隣の人のこともわかる範囲で調べます。
(わからないことも多いです)

隣人によって生活は違ってくることもありますから。

アパートの住人は、
大きな声の人もいれば、隣の人をやたら気にする人もいます。
夜の仕事の人とか、学生とか、
遠くの地域から出稼ぎにきている人など色々な人がいます。

「そんな細かいことわからないよ」
「聞く人いないよ」 というかもしれません。

そういう気に留めても仕方がないことにも気になる人はいます。

不動産の営業の人は、
自分に合った人を選ぶようにした方がいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする