退去時の修繕義務、敷金の返還問題はどこに誰に相談するといいか

◆重要事項説明書の金銭の精算に関する事項

・敷金の取り扱いは借りる時に説明を受けているかも

退去時の敷金の精算に関する事項として、

借りる時に宅建主任者が説明してくれた
重要事項の説明があったと思います。

たぶん忘れていると思いますから、

重要事項説明書を見ると、どこかに

「退去時の敷金の精算に関する事項」という欄があって

契約終了時における敷金の取り扱いが書いてあります。

記載がない場合、不明な場合には確認するしかありません。

退去時に
クリーング代や修理代金と敷金と相殺される場合もあるようです。

スポンサーリンク

◆退去時の修繕義務に関して

・退去時のチェック

アパートを退去する時には、
大家さんか不動産屋の社員が、
アパートの室内をチェックに来ます。

元通りに、返してもらっているかを確認されます。

昔なら部屋内の荷物を全部片付け、
拭き掃除をすれば何も問題なく、

敷金も返してもらえました。

何かとチェックを入れられ
色々と、修理代などを請求してくる時代になってしまいました。

・普通に使っていて古くなった時の修理義務(自然損耗)

普通に生活し、部屋を利用したことによっても、
建物は傷んできます。

それが自然損耗と言うものになり、

普通の利用による損失は、
借り主は修繕義務を負うことはありません。

普通に生活して、室内が古くなってきたとか、
クロスが傷んできたり、
ボイラーやエアコンが古くなってきたりすることは
自然なことです。

・退去時にかかる修理費用について(東京ルールより)

自然損耗の判定は難しく、このことについて
東京ルールはありますが、これは東京都の条例で、

東京ではこれに従いますが、

他の県では、東京ルールに従う義務はありません。

東京都賃貸住宅紛争防止条例、施工規則があり
「借り主が普通に使って起こる住宅の損耗は大家さんが修理する」
とことが書かれています

「なんでもかんでも、借りた人に修理させるな」
と言う意味に思えます。

・傷んだ部分が誰のせいかが問題になる

借り主の不注意で壊したものや傷をつけたものは、
借主が修理しなければなりません。

それは理解されると思いますが、

壊れた部分が
自然に壊れたり、普通に使って傷んだものなのか、
それとも、
借主が乱暴に使ったり、不注意で壊したものなのかが
問題になるところなのです。

ただ、次の借家人を募集する際、
室内が新しいと借りてくれやすいので、

何かと出て行く人に支払わせようとする
大家さん屋不動産屋がいて、

それがトラブルになってしまうようです。

女性の相談者

・クロスやふすま、フローリングの修理請求が多い

「入居した時はきれいだったろう、元に戻して返すのが常識だ」
退去時にきれいにして返せと言われ

「現状回復義務だ」と言ってくる業者もいますが、
それは、元のように新品にして返すと言う意味ではありません。

クロスの貼り替えやフローリングを
新しいものと貼り替えさせたいようですが、

普通に使って傷んだ場合まで修理する義務はないと思います

クロスやフローリングの貼り替え工事は、
手頃な値段で内装が新品になるので
工事させたいような気がします。

大家さんの立場になったら、
クロスや床はあたらしく直してもらいたいですが、

借りている方としては

家賃を払っていましたから、

そう言うものも含めて家賃だと思っていると思います。

双方の立場が違うこの問題も難しいのです。

スポンサーリンク

・悪質な不動産屋の手口

部屋の中が新品同様の内装だと紹介しやすいのです。
契約が取れれば不動産屋は儲かります。

また、不動産屋が建築業を営んでいる場合もあります。

クロス屋からの請求書に水増しして、借主に請求すれば儲かります。

その為、 ロスや床にクレームをつけて

修理代を取ろうとする悪徳不動産屋もいます。

◆修繕義務や敷金の返還について「私には わかりません」

アパートやマンションなどの契約の終了時の
修繕義務や敷金返還問題については

感情的な面も、考え方の違いなどもあって、

大変難しい問題です

法律の専門家でも判断が難しいという人もいます。

私には、
一般論的なことは言えますが、
退去時の修繕義務、原状回復義務、
敷金の返還についての問題は
難しすぎて答えられません。

・誰に相談をしたらいいのか? どこに相談に行けばいいのか?

アパートや賃貸マンションを退去する時に、
修理代を請求されたり、
敷金を返してもらえなかったたりと
困る場合もあると思います。

誰に相談したらいいのか?
どこに相談に行けばいいのかわからずに
困ってしまう場合もあります。

下に相談するといいところを記載しましたので、

そちらでお願いします。

相談1

◆どこに相談に行けばいいか? 誰に相談すればいいか?

・相手が不動産業者の場合

都道府県の宅地建物取引業者の担当の係り

ここは不動産業者の免許を発行したり、
更新手続きをするところです。

業者のことを確認することも、
都道府県庁の宅建課に問い合わせればできます。

過去にどの業者が違反したか
の問合せをここで聞いてもいいと思います。

・宅地建物取引業保証協会

宅建協会は
不動産業者との紛争を解決する相談もしてくれます

ただし、不動産業者が
相談の係りを交代でしている場合もあるようで

不動産業者よりの意見をいう場合があります。

ある人が
新築のハイツを借りたのですが、

退去の際
借りた時と同じような新品状態にして返せ
と言われたそうです。

かなり高額な内装工事の請求をされて困っていました。

そして宅地建物取引業保証協会に相談しました。

すると、業者の言う通り、
「新品の状態で返すことが普通だ」と言われたそうです。

それはあんまりです。

話を突っ込んできくと、トラブルの相手の不動産屋と、
相談の係りの人とは
知り合い同士の不動産業者だったというのです。

・消費者センター

アパートの契約終了時や退去時の
修繕義務、現状回復義務については
かなり多くの問題があり、
被害にあっている方、辛い思いをしている方がいるようです。

消費者センターに相談してみるといいです。

消費センターのホームページは こちらです。

独立行政法人国民生活センター

・大家さんとこじれた場合の相談先

大家さんとトラブルになったら
消費者センターや地方裁判所に相談したり、
弁護士等の法律か相談することとなると思います。

しかし、一般常識的なことを知りたいなら、
宅地建物取引士の資格を持っている人や
行政書士の資格を持っている友人などに聞くといいです。

退去時の修繕義務や敷金の取り扱いに関する
一般的な説明なら、
専門的に知識がある人ならできます。

仕事で何かを依頼するなら
内容証明書の作成や敷金の返還請求書などの作成の相談なら
行政書士が一番安くていい法律家です。

単に法律相談はできません。

書類を作成する上での法律相談になります。
(ちょっと面倒な言い方ですが、行政書士はそういうものです。)

少額訴訟を前提としては司法書士です。

裁判も考慮すると弁護士さんになりますが、
お金がかかります。

◆修繕美務や敷金の相談相手に関するアドバイス

敷金や修理代が高額な場合は、
司法書士や弁護士に相談に行くといいでしょう。

少額な敷金や修繕費なら、
消費者センターや都道府県などに相談し、
どうしたらいいか聞くといいのではないでしょうか?

書類作成相談で行政書士のところに行ってもいいと思います。

この困りごとも大変多い問題です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする