南向きの日当たりのいいアパートや西向き北向きの長所と短所

◆日当たりがいい南向きのアパートの長所と短所

・南向き窓のアパートが人気

南側に道路や駐車場がある南側向きのアパートは人気があります

陽があたり、明るくて、夏も風通しがよくて住みやすいです。

明るい、風通しもよい、
ということは健康な生活をする上で必要なことだと
誰もが思うと思います。

洗濯物もよく乾きます。

・南向きアパートにも短所もある

南側窓も短所はあります。

夏場は、暑い太陽の光の熱に悩まされます。

結構 暑いです

南側にしか窓がない場合には、風が抜けないので暑いです。

南側の窓以外にも窓がある部屋がいいです。

エアコンをつければ対処できるので問題はありませんが、
電気代がかかります。

南側のアパートは人気があるので、
空き部屋も少なく、家賃は低くなりません。

そしてエアコンの電気代がかかる分、
割高なアパートになるかもしれません。

また、厚手のカーテンやブラインドが必要になります。

暑さ対策をすれば問題はないと思います。

南側窓であっても、部屋の前に高層の建物が建っていれば
景色は見えず、建物が近くにあれば圧迫感もあり、
のぞかれるようで、カーテンやブラインドは必要です。

建物が接近して建っていると、
南向きも北向きも関係なくなってしまいます。

アパート選びは、間取りや向きだけでなく、
賃貸住宅の立地環境や、
隣接する建物があるかないかの
確認もする必要があります。

スポンサーリンク

◆北側窓 西側窓のアパートの長所と短所

雨の日の窓

・北向き窓の短所

部屋の窓が北側や西側を向いている部屋は、
暗くて、風通しもよくない気がします。

晴れの日でも、部屋の中が一日暗い場合もあり
昼間でも照明をつけていなければなりません。

これもまた照明代がかかります。

陽が当たらないということは、冬は寒いです。

時期や地域によっては、じめじめして、日光が当たらず。
南風も入ってきませんから

梅雨はカビが生えたり、
冬はとっても寒いアパートもあります。

洗濯物も乾きが悪いようです。

洗濯物の乾きが悪い部屋は、
着替えが追い付かなくて困ることもあり、嫌です。

人は日光が全く当たらない生活はよくないかもしれません。

・西向き窓にも長所はある

西側向きのアパートは短所ばかりでもないようです。

不健康な気もしますが、良い所もあります。

家賃が相場よりも安いです。

洗濯物は乾燥器にかけたり、うまく外に干せる場所があればそれでみます。
(ないかもしれませんが)

エアコンや除湿器も使えばカビ防止、除湿もできます。

昼間家にいない人や、
夜学や夜の仕事に行く人のように朝が遅い人には、
日当たりはあまり関係なく、
それよりも安い家賃の方で助かることもあります。

西側、北側にしか窓がなくても、
その向こうに接近したアパートがなく

南側に小さくても窓があれば、
風の通りは多少いい場合もあるので、
その確認に行くといいです。

北側窓と言うだけで、すぐにあきらめずに
一度見学に行くといいかもしれません。

家賃が安く、風通しもいい場合もあるかもしれませんし、

自分の生活や給与にあっているアパートもあるかもしれません。

スポンサーリンク

◆心配性の私からの、窓の向きのアドバイス

アパートは、そこで日常の寝起きをし、生活し続ける場所ですから、
細かいことに気を使わないといけない場合もあると思います。

全部の希望を満たすアパートなんてありませんが、

私は、音は気になりますが、
日当たりはそんなに気にしません。

でも、内向的な人やか弱い人、又は、日頃外に出ない人は、
暗い部屋にずっといると
精神的に弱ってしまうこともあるようです。

全く陽の当たらないアパートを借りたら、
太陽の光などに浴びる為に、
外を散歩する位の事はした方がいいかもしれません。

気が弱く、くよくよタイプの人は、
日当たりが良いアパートの方が精神的にいいような気がします。

日差しがある程度入るところに住んだ方が元気な気がします。

もし気が強く、仕事で外にいることも多い人なら、
陽の当たらないアパートでも平気だと思います。

窓の向きも、人によって合う合わないがある筈です。

あまりアパート探しに手間取っていると、
いつになっても借りられないので、

「嫌ならまた引っ越しする」くらいの考えで

アパート選びをしてもいいかもしれません。

東京などの大都市だと陽が全く当たらないアパートも多いようです。

太陽の日に浴びていないことによってセロトニン不足の場合
気がめいっておかしくなりそうになることもあるようです。

全く光が差さないアパートに、1年以上住んでいた人から
話を聞いたことがあります。

普段は明るく元気な人でしたが、
やっぱりおかしくなるかもしれないと言っている人もいました。

暗い部屋は、寂しい時は余計に辛く感じることもあるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする