家賃割合:給料で支払える家賃はいくらか、一人暮らしと生活費

◆家賃の割合:収入に見あった家賃のアパートを探す

・給与を何に使うか予算決めしておく

アパートや貸家を借りる時、
家賃が支払えるかということを
よく考えなければなりません。

初めて一人暮らしすると、
今まで親と一緒に住んでいたようなわけにいかず、

月々の支払いの管理の全部を
自分でして行かなければなりません。

お金の使い方がよくわからず、
足りなくて苦労することになる恐れがあります。

毎月かかる費用の把握と、見積もりを
きちんとやっておかなければなりません。

食費、飲料水代 交通費 水道光熱費
電話通信費 交際費 衣料費 こずかい
貯金 生命保険

それに家賃・共益費の他、更新時の貯金も必要です。

もし、パソコンや高級時計、バイク等を

ローンで買ったら

その支払もでてきます。

ボーナスは当てにしない方がいいです。

そういう予算決めをして、
給与とそれに見合う家賃を決め
払える家賃のアパートを探さなければなりません。

スポンサーリンク

・家賃と給与・収入の割合を考える

家賃は毎月払うものです。
毎月入ってくる給料で支払えるかどうかを
きちんと考えなければなりません。

給与の1/4から1/3位を考えておくといいです。
給料が手取りで20万だと
家賃は、5万か6万円以下を考えておくといいのではないかと思います。

1DKや2DKのアパートだと、
地域によりますが、5万か6万円位になり、
(もっと安い地方もあると思いますが)
都会だと10万円以上してしまうところもあると思います。

都会の会社に勤務する場合、
6万円以下の家賃を探すなら、

都心から離れた所に借りるとか、
駅から遠い所にあるとか、
間取りが悪い 日が当たらない
道が狭い 古いなど
条件が悪くなるようです。

結局、お金がないと良い所に住むことができません。

お金がない場合、
どこか妥協点をみつけなければ生活はしていけません。

古いアパートでも我慢する、
駅から遠いとか、街から離れた田舎に借りるとか(時間)、
その他 自分が我慢できるところを考えるしかないのです。

・生活費を考え、給料にあった家賃はいくらか

食費 交通費 水道光熱費 電話料 交際費 衣料費 こずかい等

給与から差し引いた額が、

支払える家賃と考えて、

その金額の家賃のアパートを探せばいいと思います。

調べてメモ

・会社を辞めた時でも家賃が払えるか? 転職したらどうするか?

仕事を辞めてしまうことも考えなければなりません。

仕事を辞めると
何か月か収入が入ってこない場合も考えられます。

そんな時、家賃の支払いが本当にきつく感じます。

滞納が続くと、アパートを出ていかなければなりません。

大家さんに支払いを待ってもらうことになると、
紹介した不動産屋からクレームがきます。

仲介した手前、家賃の未払いにも、
不動産屋は 大家さんからクレームを受けてしまうのです。

仕事を辞めた時にでも
次の仕事が見つかる迄の期間、
家賃が支払えるよう貯金をしておく必要があります。

その為にも 家賃は低く、
毎月の給与から
余裕で支払える家賃の金額でなければならないのです。

スポンサーリンク

・給料をもらったら、すく予算割をしてしまう。

給料をもらったら、
使う前にすぐに給料の振分けをしたら良いと思います。

給料をもらったら、先ず家賃
食費 交通費 水道光熱費 電話料 交際費 衣料費
こずかい等に分け、

自由になる金額を求め、
これ以外使えないときめてしまう
といいのではないでしょうか。

とにかく、これから一人暮らしをするということは
自分で稼ぎ、
自分で何もかも支払っていく ということになるのです。

出費を少なくしないと 生活をして行けません。

その為にはできるだけ家賃は少ない方がいいです。

住まいで贅沢してしまうと
何もかも、支払ができなくなり生活がくるしくなります。

若い時には色々な経験が必要であり、
自己投資にもお金がかかります。

良いマンションには住みたいですが、
もう少し給与が取れるようになってから、
良いマンションに住むしかありません。

身の丈にあった住まいを探すことにより、楽な生活ができます。

≫関連記事 転職して今の会社を辞めると家賃が支払えない:給与と家賃の割合

・クレジットカードの利用も仕方がない

クレジットカードの利用を
私はあまり勧めませんが
万が一の為に
社会人になったら用意しておいた方がいいようです。

またネット取引等の場合、
クレジットカードがないと
買いものができない場合があるのです。

クレジットカードは、
いい時期に申し込むと、
5000円位のポイントをくれることがあります。

ポイントがあるとポイントの分の買い物ができるのです。

新規申込のポイントプレゼントを利用するといいです。

また、カードは一枚あれば、もうもたない方がいいです。

カード払いは、
将来の収入をあてにして、
支払いを後のばしするものですから、
大変怖いものです。

でも、一人暮らしをしたり、ネット購入をしたりするなら
クレジットカードがないと生活が不便なのです。

クレジットカードを手にした後、
買い物をすると
ポイント還元ということができる場合がありますが、

ポイントが貯まるからと言っても、
カードの乱用は辞めた方がいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする