不動産屋の仕事を知ること。アパートの契約の申込や重要事項の説明

不動産屋の仕事を知ること。アパートの契約の申込や重要事項の説明

・不動産屋の仕事:賃貸住宅の案内、紹介、申し込みの受付

契約が成立するまでは無料で紹介してくれます。

不動産屋は、大家さんと借主が、
アパートを借りる契約を手伝う仕事をします。

賃貸契約の仲介業と言うものになります。

大家さんと借りる人の間に入って、借家契約をしてくれます。
大家さんから、「借り主をさがしてください」と頼まれ、

借りる人からは、

「賃貸できる住宅を紹介して下さい」と言うことで、
その間にはいて、アパートなどの借家を紹介し、

アパートの内容や利用上の決まり、
家賃などの契約に必要なことを説明します。

契約が成立するまでは、基本的に 料金は取れません。

宅地建物取引業として、アパートの仲介をして
契約が成立させた場合に
家賃の1か月分以下の報酬がとれます。

これを上回って報酬をとること
宅地建物取引業法で禁止されています。

その為、契約を成立させたとしても

法定手数料を超えて料金を取ることはできないし、

どんなにたくさん貸家を紹介しても、案内しても
契約が成立しない限り、料金は取らない筈です。

スポンサーリンク

・一応、どんな時に料金がかかるか確認するべき!

ただし、宅地建物取引業でなく、
コンサルタント業などとして、
アパートの相談をやっている場合には、
自由に料金が取れます。

ですから、訪れた事務所が
不動産業者なのか、
不動産コンサルタント業なのか、
アパート案内業(こんな仕事があるかどうかわかりませんが)なのか、
確認する必要があるかもしれません。

一応、不動産屋と思われるお店でも、
「案内や相談を受けただけでもお金がかかりますか?」
「どんな場合に料金が発生しますか?」

と聞くべきだと思います。

通常の不動産屋でしたら、
実際に契約が成立した時でないと
料金は取りません。

普通なら、

アパートの紹介を受けただけの場合や
案内をしてもらっただけでは

料金はかかりませんので、

色々なアパートや賃貸マンションを
紹介してもらうと良いと思います。

・住みたい場所、希望家賃、借りる目的 住む人、勤め先を話します。

不動産屋に行って「アパートを探しています。」と言えば話は進みます。

「どんな物件を探していますか?」等を聞かれますから
住みたい場所、希望家賃、借りる目的 住む人を言えば、
それに見あったアパートを紹介してくれます。

最初は
図面や写真でアパート外観や部屋の間取りの図面を見せてくれます。

時期がよければ 希望に見合う物件がいくつかあります。

見比べて 気に入ったものをいくつか実際に見に行くといいです

・アパートの案内をされる時

アパートを見学に行く途中の街並みも確認するといいです。

アパートの見学に行きながら
アパートの周りの生活環境を確認すべきです。

道路の様子、お店、どんな建物があるのか、
生活に便利なお店はあるのか
有害な建物があるか、 街並みがきれいか
道は狭か、
狭いなら 通勤時間に渋滞するか
最寄りの駅の感じや
公園はあるか、近くに人が多く集まるような施設があるかなどを
確認できる範囲で確認しておくといいです。

アパートの付近は、どんな感じの人が多そうかも重要です。

学生が多い地域、会社が多い地域、商店が多い地域もあります。

アパート周りに田畑で何もない場所もあるし、
(田んぼや畑の場合もこまることがあります)
焼却施設などがあると空気が心配だと思ってしまいます。

工場が多い地域だと、振動や空気などはどうかなど
敏感な私は気になります。

・アパート選びはある程度妥協も必要

アパートに住んだことがないと、
どういうアパートが良いのか、悪いかのかが分からないと思います。

営業マンに、
アパートを借りる目的や勤務状態、自分の性格や考えていること
心配していることを聞くといいです。

隣の人がどんな人かも聞いても平気です。
知っていれば言っていい範囲で教えてくれると思います。

まさか 「隣は変な人ですよ」 と言われたらこまりますが、
そう言われたら、そこを借りることは辞めた方がいいです。

「初めてだから、最初は満足いく部屋が借りられないかもしれない。」
「気に入らなかったら、引っ越して 次にいいところを見つけよう」
気楽に思った方がいいかもしれません。

4月1日の入社日に間に合わないと行けません。
引越の準備に時間もかかります。

慎重に決めるべきですが、
時間との関係もあるので、
そこは個人個人の判断で決めてください。

私は、あわててアパート選びをして失敗した経験があります。

引っ越して数か月で、すぐに引越をしました。
引越には お金が大変かかりました。

スポンサーリンク

賃貸契約の順序:アパートが決まったら契約の申込をする

・重要事項の説明

気に入ったアパートが見つかったら賃貸契約しますが
その前に 宅地建物取引士が
そのアパートについて重要事項の説明をします。

宅地建物取引士は、身分証を見せてから説明し始めます。

契約期間、設備状況や利用制限などの住まいに関することや、
毎月の家賃や延滞があった時や権利金、敷金などのことを説明します。

これをしなければ、不動産業者は、
営業停止になるかもしれないくらい重要な事項になります。

重要事項の説明が終わったら
契約の申込や契約に入ります。

・契約の申込と承諾

不動産屋には賃貸契約の申込書が用意されていますから
賃貸契約申込書に所定の事項を書きます。

どこの誰です、勤め先はここです、誰が住みます
などを書き
保証人の予定の人の名前や職業を書きます。

その後
大家さんと面接する日を決め、
面接後に、契約が成立するか どうか決まります。

また、大家さんとは、面接はせず、
不動産屋さんが、
大家さんに 入居の申込をした人がどんな人かを話し、
大家さんに、契約の承諾をするかを確認する場合もあります。

大家さんに電話連絡して、それで契約が成立する場合もあります。

その他、不動産屋が入居管理をしていれば、
不動産屋の支店長と担当者が話し合って
入居を認めるかどうか決めます。

その場ですぐに契約が成立する場合もあるし
契約が成立するまでに何日かかかる場合もあります。

申込した人が
きちんとしている人かどうか、
家賃は払ってもらえる人かどうかなど
貸せる人かどうか を判断されます。

申込の承諾を待ちます

承諾されれば契約に入ります

契約する場合には、
契約書に署名押印して、
権利金などの支払いをします。

それで鍵の引き渡しを受ければ、
契約書に記載した利用開始日から、そのアパートは自分の好きに使えるのです。

不動産屋を通じて
アパートを借りるまでの大まかな手順の説明でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする