住宅は買ったら引越できない。隣の人が嫌な人やうるさい人でも我慢

●住宅を買ったら そこに一生住んで引越できない

住宅は一度買ったら、
そこに一生住むことになることが多いと思います。

いい場所、良い環境、

良いご近所の人達だったら良いです。

誰も問題がある住宅は買わないでしょう。

でも買ってから
「こんな住宅買うんじゃなかった」

後悔しても
そこに 住み続けなければならないことにもなります。

アパートでも
引越は手間もお金もかかります。

新しいアパートを借りるのに
家賃の4か月分以上のお金を

用意しなければなりません。

住宅の引越の場合には、

家も土地も大変高い物なので、

お金をたくさん持っていないと

引越することは難しいです。

スポンサーリンク

・隣との関係:隣近所が嫌な人だと辛い

隣近所の人とは
一生顔を合わせなければならない人になります。

仲良くするのも疲れるし、

不仲になると、毎日顔を合わせることになるので、
辛い生活になります。

隣の人とは用事がある時にだけ
気軽に話せる位の間柄にしておきたいところです。

回覧板を回すので

隣の人とは一生付き合うことになるかもしれません。

隣の人と不仲になった場合、毎日が嫌です。

気が弱い方が神経を使って、疲れてくると思います。

また不仲になった隣の人が、
攻撃的なタイプの人だと、
意地悪な事もしてきますから、

そこで生活することが嫌になり

引っ越したくなります。

女達のいじめ

相手が出て行ってくれればいいですが、
相手をどうにかすることはできません。

自分が引越することを考えてしまいます。

・こじれた仲を修復する

隣の人とのあいだが不仲になった場合
誰かに仲を取り持ってもらうことを
してもいいかもしれません。

勇気がいることですが、
仲良くしたい、
争いたくないと思う気持ちは尊いです。

みんな平穏に暮らしたいのです。

でも仲を取り持ってくれる人はいなそうだし、
頼みづらいと思います。

以前仲が良かった場合
一度こじれ、攻撃されるようになると、
へんな関係がずっと続いてしまうこともあります。

ご近所の不仲なことで相談をうけると

ずっと変な関係の状態が続くことが多い気がします。

引越したい

● 住宅を買う時は、隣をよーく調べる

私は、アパートを借りた時に
隣の人によって、自分の生活が悪い影響を与えられる
という経験をしていますので、

住宅探しの際には、
住宅地の場所や隣の人をかなり気にします。

住宅探しの相談を受けた時にも、

隣近所の人はよく調べてからでないと

後で苦しむことになるかもしれません。

・隣の家の様子を調べる、どんな人なのか?

隣の家の周りをよく見るといいです。

1)  バイクや車が、改造車であったら危険な人かもしれません。
バイクや車の騒音問題は多いです。
家族の車が黒い車ばかり乗っている人も
攻撃的な感じの人に思えます。

黒い車に乗る人は、
怖い人が乗ってそうで怖い感じがします。

2)さらに
バーベキューの道具がおいてあるとか
ゴミや物がたくさんあり整理ができていない。
そんなとこまで神経を使ってしまいます。

3)探偵だと洗濯物からもどんな人か予想するようです。

4)土地や住宅を買う場合、
占い師に見てもらう人も多いです。

夫や妻の生年月日などから

住宅購入のアドバイスを受けられます。

また隣の人との性格や相性も占えます。

でも隣の人の生年月日などは
なかなか知ることが難しい時代になっています。

・隣の犬猫の確認

隣の家の犬や猫のチェックも重要です。
犬はよく鳴くので、

犬を飼っていると騒音問題もあります。

猫の場合、今だに放し飼いにしている飼い主もいますから、
猫の確認もした方が良いです。

猫は他人の家の中に入ってくることもあり
危険を感じることもあります。

放し飼い猫は、
市役所に相談しても駆除してくらないかもしれません。

スポンサーリンク

住宅の買い替えは難しい…

住宅を買って、
生活していたら隣の人があまりに嫌なので
引っ越したいと思う人はたくさんいます。

でも、引越はかなり難しいです。

住宅の場合、新居を買う為のお金が必要なので、
もう一件買うお金は普通の人はないと思います。

ですから、今住んでいる家を売って
その資金でまた住宅を買えばいいのですが、

中古住宅は、すぐには売れないことが多いです。

それに売ったとしても、買った金額よりも
かなり値が下がってしまいますので、
売る気にならないかもしれません。

・どうしてもそこにいたくなければ一時避難する

どうしても、そこにいたくない場合には、
一時的にアパートに引越すことを
考えてもみてはいかがでしょうか?

また夫婦のどちらかの実家に帰ることも
検討してもいいかもしれません。

隣の人の、ピアノやギターの楽器騒音、テレビの騒音、
剣道・空手の怒鳴り声の騒音などで
苦しめられている人も多いようです。

住宅を買う場合に、
気をつけても、気をつけても
住んでみないとわからない問題があります。

住宅を買う場合には、不動産屋の人以外にも、
色々な人と一緒に、現地を何回も見学に行き、
朝昼夜の状況を確認するなどをした方が良いです。

遠くの親戚よりも近くの他人と言う言葉もありますから、

となり人の次第で

人生が良くも悪くもなることがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする