壁に釘を打った時やクロスにカビが生えた時は誰が修理するのか?

●壁、クロスなどのアパートの修理義務

アパートやハイツを借りていて、

借りていた人が
その部屋を壊した場合や傷つけた場合には
借りていた人が 修理しなければなりません

普通に使っていて壊れた場合や
古くなった場合には、

普通は修繕義務は生じないのですが

使い方が悪かったり、
不注意で壊したりした場合には

借りた人が修理をしなければなりません。

しかし、使い方が悪かったとか、
不注意で壊したかどうかの判別が
つきにくい場合がよくあります。

どのような場合には
大家が負担し、借り主が負担するかの
指針がありますが、

必ずしもそれに従わなければならないというわけでもなく、

修繕問題はかなり多くあります。

クロスやフローリングに関して特にもめますから、

借りた人はクロスや床には

かなり注意を払った方がいいです。

クロスなどの修繕義務は契約が終了して

アパートを出ていく時に問題になります。

きたな汚くされて出て行かれると
次に借りてくれる人が見つからないのです。

今は入居者を見つけることがたいへん変難しいので、

クロスも入所者が入れ替わる度に
貼り替えて清潔にしないと次の借り手が見つかりません。

その為、部屋の汚れやキズに対して

かなりきびしくチェックされるようになった気がします。

スポンサードリンク



・壁にクギや画びょうは打たない方が良い

クロスに
ポスターやカレンダーを貼る為に画びょうを打つ、

ハンガーをかける為、
傘をかける為、
帽子をかける為などに

釘を打ったり
ねじ状のフックをねじ込んだりすることがあると思います。

壁に画びょうや釘を打った場合には
借りた人が 元に戻さなければならない場合が多いです。

やらない方がいいです。

壁や柱に画びょうや釘を打ったら 修繕する覚悟が必要です。

・石膏ボードはもろい

最近のアパートの壁はほとんどが
石こうボードというものでできています。

ベニア板でないので、
釘を打ったりねじ状の釘をねじ込んだりしても、
柔らかくて抜けてしまいます。

抜けたくぎに白い粉がつくと思いますが、
それが石こうです。

石こうボードには
いくら釘をうってもとまりません。

石こうボード用のアンカーといわれるフックをつかったり、

石こうボードの向こう側にある
木の柱に打ちこまないと釘は効きません。

それを知らずに
何回もねじ込んでもポロポロになるだけです。

石こうボードまで痛めると、修理代がもっとかかるので、

やはりアパートの壁にはクギなどは打たない方がいいです。

クロス工事だけでも高いのに

石こうボードまで修理するとなると、

もっと修理代がかかってしまいます。

・自分で修理する

ちょっとクロスに穴を開けたぐらいで
貼り替え工事費用を出せと言われても
納得がいかないと思います。

普通に使っていたら
クロスの端が少しはがれたとか、

ちょっと家具がぶつかって
クロスが破けた場合などで
全部貼り替え何て大がかりすぎます。

ホームセンターや通販で
クロスや壁、フローリングの補修材を購入し
借りた人が自分で直せば問題ないと思われます。
(注意、これは私の勝手な考えです。また特約があれば別です。)

結局、直せばいいのでしょうから

自分で直せばいいはずだと思います。

あまりにも非常識な修繕要求を不動産屋にされたら

都道府県や宅建協会などに相談してみてみるといいです。

・掛け時計、ハンガーフックはどうすればいい

部屋の中に釘を打とうとする場合には
事前に大家さんに許可を得てから行い、
修理義務のことも確認すべきです。

許可を得ても
「出る時に元通りに直していってくれればいいよ」

と言われたら

修繕義務が生じてしまいます。

掛け時計をかけたい場合もあるし、

壁に洋服のハンガーかけを取り付けたい場合も
あると思います。

だからと言って
壁や柱に釘を打って部屋を傷つける行為は

しない方がいいです。

どうしても、部屋の中にかけたい場合には
大家さんにやってもらうと良いと思います。

大家さんが大工さんに頼んで大工さんがやってくれれば
きちんとした物ができると思います。

大家さんがやる分には修繕義務はないでしょう。

入居者の生活がよくなる為になるので

部屋の中に掛け時計のフックや

玄関にもハンガーフックがあっても良いような気がします。

これくらい、いいだろうと思っても、
アパートは大家さんの物ですから、
他人の物に釘を打ち、傷つけたら
弁償しろと言われても仕方がありません

◆欠陥アパートの壁にカビが生えた場合

あるアパートに入居した人が自分は悪くないと思われるのに
修理代を払わされた場合がありました。

カビを生やすようなことは
借りている側に責任があるように思われます。

換気や掃除は借りていた人がして
カビなどを生やさないようにしなければなりません。

しかし、その部屋は冬になるとすぐに壁に水滴がつくのです。

喚起しても雑巾でよく拭き取っても
すぐに壁に結露がついてしまいます。

借りていた人は加湿器をかけていましたが、
エアコンもかけていますし、

うちの地域では、窓ガラスに水滴はついても

壁に結露がつくことはまずありません。

春になった頃、壁紙がはがれるし、
壁全体に黒いカビが生えてしまったのです。

タンスを置いていた裏側の壁も
カビでクロスがはがれてしまっていました。

家具の裏側の結露の責任が、借り主にあるのか疑問です。

借りていた人が知り合いの工務店に相談したところ、
そのアパートは断熱材が入っていないようなので
こういうことが起こるそうです。

しかし、壁の中を開けてみないと断言できません。

大家さんが言うには
いつもこの部屋は結露で
クロスがはがれてカビが生えるのだそうです。

普通に使っていても
クロスにカビが生えてしまうのでは
入居者の責任ではありません。

建物の欠陥が原因で生じた損失は
借りている人は負担しなくてもいいのですが、

借りていた人が管理義務を怠った為に
クロスにカビが付き、はがれたとされると
借りていた人が修理しなければなりません。

結局、預けていた敷金で修理することで解決しましたが、

ここのアパートの部屋はいつもカビが生えて
この大家さんは入居者に敷金を返さないということが分かりました。

アパートを出ていったから
このアパートのことをよく知っている人から聞きました。

こういう欠陥ぽいアパートを借りてしまうと

契約が終了した時に大変です。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする