仲介料、権利金、敷金等アパートを借りる時に係るお金。引越費用

アパートを借りる為に必要な引越費用を説明します。

【引越費用:仲介手数料、敷金などアパートを借りる時にかかるお金の説明】

・不動産手数料(仲介手数料)について

不動産屋にアパートの紹介をしてもらい
アパートを借りることができたら
不動産屋さんに報酬を支払います。

その不動産手数料のことを 仲介手数料 といいます。
仲介手数料には制限があります

不動産の仲介業の報酬は、
宅建業法という国の法律で定められている為、
仲介を行う上で 取れる料金に制限があります。

それは仲介をしたり、代理をしたりした場合において、
実際に賃貸契約を結んだ場合に請求できるものです。

その為、アパート、貸家などをどんなに紹介説明しても、
現地案内しても
仲介業者は料金を請求してはいけません。
案内料などはありません。

ですから、気に入ったアパートが見つかるまで、
安心して紹介してもらって平気です。

もし、何か料金を請求されたら請求内容の説明書をもらって
「後日検討する」とした方がいいようです。

料金について 事前に聞いて置く方がトラブルはありません。

不動産業も経営が苦しくなってきていますから、
仲介だけに頼るわけにも行きませんが、
違法行為で売上げをあげるわけにはいかないのです。

不動産手数料の制限は、不動産仲介業での話で
不動産コンサルタント業、ローンアドバイスなどは、
仲介の仕事でないので、
相談料や企画料などは別の仕事になります。

ですから、コンサルタント業は好き勝手に料金が取れます。

念の為、どういう時にお金がかかるのか、
アパートの紹介や案内をしてもらう前に確認しておくべきです。

スポンサーリンク

・仲介手数料の金額は家賃の一カ月分以下

賃貸住宅の契約書を作成したら、
不動産屋は一月の家賃分の報酬を受けることができます。

基本的に 大家さんと借主で半分ずつ支払います。

借りる人は、
一カ月の家賃の半分の金額を支払うことになります。

しかし、代理の場合、仲介の場合、借りる人の同意があれば
大家さんからは取らないで、
借主から一カ月分をとります。

大家さん合っての不動産屋さんなので、
大家さんからは取らないことが多いので、
借りる人が
1月分の家賃と同じ額の不動産手数料を払うことが一般的です。

また不動産屋さん自体がアパートをもっている場合、

仲介料は取らないかもしれませんが、
別の名目で取る場合もあるかもしれません。

・アパートの権利金

入居の時、家賃の1か月分か2か月分の
「権利金」または「保証金」と言うものを取られます。

スポーツジムでも、入会金をとられますが、
アパートも借りる時に、貸家利用権を取るのです。

入居希望者が少ない地域では
入居時の権利金を取らないアパートも増えてきました。
でも人気があるアパートは、まだ入居時に権利金を取ります。

権利金は契約を解除した時にも、返ってこないお金です。

・共益費・管理料

アパートの場合、
共同の廊下、玄関、アパートの街頭などの電気量や修繕管理費などの名目で
毎月の家賃と共にとられる共益費などがある場合があります。

昔のアパートはそんなものまでとらなかったのですが、
家賃を安く見せかけて、入居者を募集し、
後から値段をあげていく商売方法に切り替わった気がします。

共益費などは家賃に含まれていると考えている大家さんもいれば、
家賃とは別に取るという考えの大家さんもいます。

とにかく共益費、管理費と言うものは
家賃とは別に毎月とられるものです。

家賃と一緒に考えた方がいいようです。

マンションだと共益費は高いようです。
建物が木造住宅より高いし、
エレベーターもあると管理費は高くつきます。

スポンサーリンク

・駐車場代や駐輪場代

駐車場代は、都心や地方都市では通常家賃とは別に取ると思います。
土地が高いので仕方がないと思います。

田舎では、
家賃に含まれていると考えている場合も多いと思いますが、

家賃と駐車場代を別に取るアパートもあります。

1台は無料だけど
2台目からは駐車場代を取るという場合もあると思います。

料金は都心だと数万円もするでしょうが、
田舎では月2000円とか3000円、数千円位だと思います。
駐輪場代を取るということはあまり聞いたことがありません。

・敷金は預け金

敷金とは、家賃の支払いがされない場合の為の保証金です。
解約時に返還されることになっています

しかし、これには大変問題があって、
本来家賃が払えない場合に
そこから徴収するものとして差し出されたものでした。

しかし、契約が終了してから、
修繕費として差し引かれるものになってしまったのです。

以前は契約が終了した時に、ほぼ戻してもらえましたが、
今では、返してもらえない場合も増えています。

これに関してはトラブルが大変多いので、法律が改正されました。

・清掃料や消毒料

清掃料や消毒料は、
入居前になぜか取るようになってきたものです。

きれいにして貸すのが当たり前なのですが、
入居の際、

なにかもっと料金が取れないかと考え出したものだと思います。

別に支払わなくてもいいと思いますが、
汚いままで貸す大家がいるらしいのです。

家賃の半額分ぐらいとられるようです。

支払いが嫌なら、入居する人が自分で掃除することになります。

お金を取って人に物を貸すなら
貸す側が清掃するのが普通だと思います。

消毒するという仲介業者もいますので、その際にとられます。

出て行く時に、きれいにするからと言って
敷金から、掃除代とか、修繕費とか でとられるのに、

入居の際にも、
また同じようなことでお金を払うこともあり、変な気がします。

・保険料

住宅用の保険の加入も勧められる場合があります。
保険料は年間に一万円位かもしれません。あまり高額ではありません。

万が一のことを考えると加入しておいた方がいいかもしれませんが、
自分が入っている生命保険や傷害保険で賄える場合もあります。

保険のことは保険の専門家に任せた方がいい場合がありますので、

自分が加入している保険屋さんに相談してみるといいです。

◆アパートやマンションを借りる時にかかるお金のまとめ

アパートを借りる時には、以下のものがかかります。

◎お金は・・・
前家賃 手数料 権利金(保証金) 敷金 清掃料・消毒 保険料
と言うものを入居時に用意しなければなりません。

◎必要書類は・・・
保証人の源泉徴収票、印鑑証明…関連記事必要書類
住民票 個人の身分が分かる書類を求められることもあります。

5万円の家賃の場合、20万円から25万円以上位は必要かもしれません。
また、その他に 生活用品などもかかります。
さらに引越運賃、 レンタカーを利用すればレンタカー代もかかります

それと、契約の解除の時にかかるお金も聞いておくといいです。

アパートを新しく借りたり、引越したりする場合、時間もお金もかかります。

楽しいですけど、疲れることもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする