男の一人暮らしは、飲食費や交際費の使い過ぎでお金が足りない

◆初めての一人暮らしでの、飲食費等の生活費について

・男は特に、食費がかかってしまう

初めて一人暮らしすると、
お金の使い方が分からず、
思ったよりもお金を使ってしまいます。

いつも お金が足りなくなります。

男の場合、調理ができない人が多いので、
外食したり、惣菜を買ってしまったりしてしまうので
食費が結構かかると思います。

友人といると
外食に行くことが多いので 食費が結構かかってしまうのです。

男の人は、スーパーで買い物をしたことがなく、
調理方法もわからないので

ファミレスや
ファーストフード、牛丼屋、ほか弁屋などで

買ってしまうことが多くなる人も多いと思います。

女性なら母親と買い物慣れしているし、
料理も自分でできるので
食費の使いすぎの問題は男に多いと思います。

私も、アパートでの一人暮らしを始めて時、
3食の食事に大変困りました。

最初は、外食が多く、
お金が食費でなくなってしまいました。

そのうち 安い定食屋やスーパーで
安い弁当を買うことを覚えてくるのですが、

それでも作られたものを買うと

お金がかかって仕方がりません。

食費で
お金が足りなくなってしまうことが多かったと思います。

スポンサーリンク

・自炊も大変苦労する ご飯が炊ければ食費が助かる。

ご飯を炊くことを教えてもらい、
ジャーを買い、お米を買い、
おかずだけスーパーで買うようにしました。

それで食費はだいぶ安くなるのです。

しかし 最初食器を買ったり、
ガス代を買ったりしてお金がかかりました。

男の一人暮らし

でも、
ご飯だけ炊けると、お金がない時には、

豆腐や納豆、卵と
インスタントの味噌汁で済ませることができたので、

大変安く上がって助かりました。

もっとお金がないと
「ふりかけ」ですませてしまいます。

独身男性は、ご飯を炊くことを覚えると大変いいです。

一人暮らしを始めた当初は、
本当に食生活に困り、

好き勝手に飲み物や食べ物を買っていると
いつも「お金が足りない!」と嘆くようになります。

・飲み物はスーパーでまとめ買い

あと缶コーヒーやジュースをよく飲む人は
控えたほうがいいです。

飲料水代も 自販機で買うとかなりの額になるのです。

飲みたければスーパーで
安売りの物を箱で買うといいと思います。

とにかく 食費でお金がなくなってしまうのです。

・私の一人暮らしの経験

私も友人達も、
進学や就職で初めて一人暮らしを始めた当初は、
食事に困り
食費でお金を使い果たして困っていました。

そのうち ある程度の自炊を覚えてくるのですが

食材の買い方が下手なのと、
買いすぎて無駄にしてしまったり、
調理をしないでだめにしてしまったりして、

結局 自炊も、
時間とお金が無駄になることもありました

男の一人暮らしは、食事が大変です。

スポンサーリンク

・新しい友人達との、交際費がかかる(食費を削る)

若い時は 友人達との交際費もかかります。

友人との付き合いに、飲食代やレジャー費がかかります。
彼女ができれば デートにかかるお金も大変です。

家賃に、食事、水道光熱費、通信費の支払が
大変重くのしかかってきます。

一人暮らしをし始めた頃は、
どの位お金を使っていいのかわかりません。

新入学や新社会人になり
新しい人達との お付き合いもしなければならないので、
お付き合いの為の出費で
しばらくは、お金がなくて困ります。

みんな食費を削っていたと思います。

新しい友人関係とのお付き合いに顔を出さないと
新社会人としてはよくないし、

学生でも学校の情報も友人から取り入れるので、
人との付き合いは した方がいいと思います。

新しい知り合いが見つかって、生活に慣れてくると
交際費は抑えられるようになると思うので、

お金が足りなくなるのは、
最初のうちだけかもしれません。

生活に慣れてくると、
毎月どのような費用がどの位かかるかわかってくるかと思います。
(私は、いつもお金が足りなくて大変でしたが・・・)

一人暮らしを始めた当初は、皆が

お金がなくて苦労しています。

多くの人が、時期に落ち着くようになると思います。

実家から、通っている人は、
食費も家賃もかからないので、いいですが

そういう人たちと一緒になって行動していると
お金は全然足りません。

経済力に応じて、付き合う人を選ぶようになると思います。

・生活費が足りなくてガスや電話が止められたりする。

私も友人も、ガス代や電話代、電気代の支払いができないで
止められたことがあります。

結構止められた経験がある人がいると思います。

電話代などが遅れる理由は、
生活に必要な順番で支払いをするからだと思います

家賃は支払わないと、
大家さんと気まずくなるし追出されてしまいますから、
家賃を滞納するわけにいきません。

食べないと生きて行けませんから、
食べものは買ってしまいます。

すると ガスや電話代を後回しにしてしまいますから、
止められるまで支払わないこともあります。

ガスの支払ができずガスを止められた友人がいました。
お風呂に入れないので、
友人の家に入りにいっていた人達は結構いました。

そういう経験も、皆しています。

◆友人の一人暮らしの失敗談

・東京に引越して服を買いすぎてお金がなくなった

東京の会社に勤務することになった友人がいました。
田舎には自分がやりたい職業の会社がなかったそうです。

ずっと探していたら
東京の会社が募集していて東京に勤務することになり、
東京で一人暮らしをすることになりました。

会社には寮はなく住宅手当もありませんでした。

友人はずっと田舎に住んでいたので、初めての一人暮らしです。

田舎とは違って
東京はお洒落な服を着ていかないと思ったようです。

仕事での服装は自由でしたが、
会社に来ていくスーツが必要なようでした。

友人が欲しいスーツは数万円するようです。

シャツもネクタイも靴も
それなりの値段がするようで

引越の時に持っていたお金では足りず
クレジット返済をするようになってしまいました。

この位なら
毎月の給与から払えるだろうと思っていたようです。

しかし 毎月の給与から
アパート代や、食費交際費などの支払いをして、
さらにクレジット返済をすることは、
思っていたよりも辛かったそうです。

・服代のローンが払えなくなった

そのうちクレジットの返済ができなくなり
親に払ってもらうようになりました。

それでも、家賃や毎月の生活費をするのに
もらっている給与では
いっぱい いっぱいになり

結局、実家に戻って就職し直しました。

田舎では選べるほど仕事がなく、
満足した職業に就けないかもしれませんが、
一人暮らしするということは、かなりお金がかかることです。

実家から通える就職先かあるなら
お金のことを考えると
田舎の実家から
通える会社を選んでもいいと思います。

スポンサーリンク

≫ 関連記事  炊飯器や米を買って食費の節約!ごはんがあれば何とかなるさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする