住まない親の家をどうしたらいいか?片付け、処分、税金や維持に悩む

親の家をどうするか悩んでいる人が多くなっているようです。 既に住宅を持っている場合や、都会の会社に勤務しているので田舎の親の家を相続しても住むつもりはない人がいるようです。 親の家は実家ですから、取り壊したり売ったりするのも心を傷めますが、家の維持や固定遺資産税の支払いがあるので困ってしまいます。

近所の人の路上駐車、違法駐車に対して通報してうらまれないか?

近所に住んでいる人が自分の車を自宅前に路上駐車しているので迷惑な場合があります。 前の家の人や隣の人で、言いづらいし仲が悪くなりたくないので警察に通報するのも考えものです。 どうしたらいいか悩んでしまいます。迷惑になっているのになんで平気でいられるんでしょうか?

将来の過疎化を心配して住宅探しをする:街の高齢化とスーパーの閉店

これから住宅を買う人は「将来スーパーがなくなりそうな地域に住宅を買わない方が良い」かもしれません。 私の住んでいる地域も随分スーパーやお店がなくなってきました。 当たり前のようにあったお店でしたが、なくなってみると近所が寂しく感じ、生活が不便になってしまいました。 将来過疎化しそうな地域の土地は安いでしょうがよく考えて判断すべきです。

土地を買うなら南側、北側どっち?南側の人は北側の人に見られ続ける

北側の住人は、毎日南側の家を見て生活し続けることになります。 言い換えると、南側の人は北側に住んでいる人にずっと見られて生活することになります。 そう考えると南側の住人は北側の家の人が恐ろしく感じます。 北側には気をつけろ!と言いたくなります。

日当たりが悪い、工場や家畜小屋が近くにある理由で安い土地はどう?

日当たりが悪い場合等、その土地が相場よりも安い場合にはなにか理由がある筈です。 その安い理由を聞いて自分には問題がないと思えば購入の検討をしてもいいかもしれません。 しかし後でよく考えたり調べてみたりしたら、これは困ったということになるかもしれません。

隣の迷惑騒音:野球家族のバッティングネットでのカキーンがうるさい

ご近所問題で騒音トラブルは非常に多いです。 住宅地における学生の野球騒音のトラブルも起きています。 バッティングネットが売られるようになりバッティング騒音で苦しむ人も出てきたようです。 この文が住宅購入の際や騒音で苦しんでいる方の参考になるといいです。

住宅は買ったら引越できない。隣の人が嫌な人やうるさい人でも我慢

住宅は一度かったら一生そこに住むことになるかもしれません。 ですから隣の人が嫌な人でも引越できないので苦しむ人もいます。 住宅の購入前に隣の住人がどんな人か確認した方が良いです。 嫌な人や騒音を出すうるさい人だとそこで生活する毎日が辛くなります。

街はずれも高齢化・過疎化で土地が安いので住む為に買ってもいいか?

市でも街はずれに行くと高齢化で地域は過疎化しているようなのです。 その地域の子供達は市街地や都心に出ていってしまい親の家に住みません。 その為市でも田舎は空き家が増え、土地も売れない状態になっているようです。 住宅地を探して不動産屋に行くとそういう土地も参考に進められることもあります。