引越の方法、友達とレンタカー、引越業者や軽トラ業者に依頼する

引っ越する方法は、自分たちでトラックやバンを借りて荷物を運ぶ方法と、引越業者を頼んで引越する方法があります。 引越はかなり重労働だと思います。 神経も使って疲れますから、若ければ友達と一緒に荷物を運べますが、会社になった業者に頼んだ方が良いです。

一人暮らしのアパートに来るしつこい新聞勧誘、訪問販売の対策

アパートに住んでると色々な勧誘、訪問販売員が、セールスに来ます。 戸建て住宅よりも一か所でまとめて勧誘できるのでアパートは効率がいいようです。 なかでも新聞の勧誘がしつこくて嫌になります。欲しい時はこちらから連絡するから来ないでほしいと思うのです。

学生時代のアパート生活:隣の部屋に彼女が来たら壁耳で盗み聞き

学生時代は、同じアパートに学校の友人などが住んでいることがあります。 隣の友達に彼女ができて部屋に読んでいるとわかったら気になって仕方がありません。 一人で隣の部屋の会話を聞くのも嫌だから、誰かを呼んでみんなで隣の部屋の会話を聞くことがありました。

学生がうるさいアパートは困る、苦情を受けても平気な学生や若者

子供、学生、若者が、つまらないことでも大騒ぎします。 誰かのアパートに友達同士で集まると大声で話、悲鳴にも似た奇声で大笑いする若者もいます。 「うるさい」と大人に苦情を言われても、「そっちこそ、うるさい」と気にしなかった時が私にもありました。

銭湯減少で風呂なし四畳半のアパートも減った。都会に引越せない

昔は都会に進学した時や就職した時は、お金がないので多くの人が風呂なしの四畳半のアパートを借りたと思います。 お風呂があるアパートは贅沢でした。今では銭湯も少なくなり、風呂なし四畳半のアパートのアパートも減って来たのです。 お金がないと都会に引越できなくなりました。

秋は寂しい一人暮らし、2DK等の部屋が広いと寂しく感じるのか

秋が深まった頃、「次に引っ越しする時は、狭い部屋がいい」という女性がいました。 進学の為他の地域から引越してきた人です。2DKのアパートに帰ったとき、部屋が真っ暗で冷たくて寂しく感じることが嫌なようです。 二部屋もあると余計寂しく感じるので、狭い部屋の方がよかったかなと思っているようです。

留守中に大家さんが勝手に鍵を開けて入いるのは住居侵入罪か

学生などが夏休み等で長期間実家に帰ってアパートを留守にする時があります。 こういう場合大家さんが勝手に部屋の中に無断侵入する時があるのです。 大家さんは合いカギを持っていますから、借りている人に無断で部屋の鍵を開けて入ってもいいのでしょうか?

怖い人や変な人が住んでいると嫌、アパート回りにゴミがないか確認

これから住むことになるアパートに、怖い人や変な人がいたら嫌です。 どういう人達が住んでいるか、不動産屋さんに聞いてもプライバシーの保護などの為教えてもらえないかもしれません。 アパート周りにゴミなどなく片付けられているかどうかで予想するといいです。

転職で引越の際の注意。社宅や寮は会社を辞めると退去する

社宅や会社が借りてくれるアパートがあるので、引っ越して転職をすることもあると思います。そういう場合、もしその仕事先が嫌になり、又は労働契約通りの仕事内容でなかったことにより 辞めることも考えられます。するとその社宅などを出ていかなければなりません。 その場合仕事も住むところもなくなってしまうので大変なことになってしまいます。