生活時間帯の違いによるアパート問題:騒音、夜間勤務、学生の隣

木造アパートは、防音が完全ではありませんので、隣の部屋や上下の部屋の人の生活音(お風呂や台所の水の音、洗濯の音も)は聞こえてくることがあります。 それが夜間勤務、学生、家族世帯、独身世帯によって生活環境が違うので生活時間帯が異なります。生活時間帯の違いにより騒音と感じることもでてきます。

新婚さんや若い女性がアパートを借りる時の注意点

若い女性がアパートに一人住まいをする時には、防犯上の心配があります。新婚さんの場合にも若い奥さんが一人でアパートにいる時間帯もあります。 親は娘さんが安心してくれせるように治安のいいアパートを一緒になって探してあげるべきです。夫も同じです。奥さんの暮らしの安全を考えてアパートを探して下さい。

冷蔵庫やエアコンの室外機、ディーゼルエンジンの騒音、振動問題

アパートを探す時、音や振動に弱い人は注意しなければならないことがあります。 普通の人よりも音や振動の刺激に弱いことを、不動産屋に行っても理解してもらえない場合もあります。 面倒臭がる案内の人もいます。しかし遠慮しないで、振動に弱いことを伝え、自分でもアパート選びは慎重にするといいです。

男の一人暮らしは、飲食費や交際費の使い過ぎでお金が足りない

一人暮らしを始めると、衣食住のすべてを自分でやらなくてはならないのですが、 特に男の一人暮らしは、食事に困るのではないかと思います。 私は、食事の用意が特に大変でした。料理ができないので、食べに行ったり、弁当を買ったりしていつもお金が足りなくて困っていました。

更新手続、契約解除、値下げの交渉の時も不動産屋にお世話になる

不動産屋さんはアパートに入る時だけお世話になるのではありません。 アパートを借りた後、問題が起きたり、更新したり、契約を解除する時にもお世話になります。 また家賃の値下げ交渉などのアパートについての問題点も 仲介してくれた不動産屋さんに相談することになります。 その為良い不動産屋さんに紹介してもらった方がいいです。

家賃割合:給料で支払える家賃はいくらか、一人暮らしと生活費

初めて一人暮らしをするとお金の使い方が分からなく使い過ぎてしまいます。 お金が足りなくなることがあるのです。 自分の給与や仕送りで(学生の場合) 余裕で支払える家賃でないと これからの一人暮らしの生活をして行くことが大変になります。

契約時に中途解約、更新料や契約終了の方法、修繕義務も確認する

契約期間が終了した時やアパートを退去する時の手続きは、どのようにしたらいいのかわからないと思います。 更新する時は更新手続きが、退去する時は退去手続きがどのようにしたらいいのかを知っておく必要があります。 更新料や修繕義務、敷金や保証金はいつ返してもらえるものなのかを借りる時に確認して置くことです、あまりにも借り主に不利な条件だと困ります。

アパート入居前チェック、退去時にクロス等の修理の問題が起きる

アパートは契約が終了して退去する時に、元のようにきれいにして返すように言われますが、 借りた時から、換気扇が壊れていたり、クロスが汚れていたりする場合もあります。 それなのに修理やクロスの貼り替えを要求されてもこまります。入居前に壊れた所やクロスや床がきれいかどうかチェックしておくべきです。