転職で引越の際の注意。社宅や寮は会社を辞めると退去する

◆転職するので引越してアパートを借りる場合

・就職や契約社員などで社宅に入る場合の注意点

転職などで
住んでいた所を離れて就職する場合があると思います。

大きな会社だと
会社がマンションを所有して社宅としている場合があります。

そういうところに住めるのは、その会社の従業員だからです。

その場合、
働いてみたら
・やっぱりこの仕事は自分にできそうにない

・聞いていた給与と違う
・労働条件も話が違うというトラブルもあり、

せっかく引越までして転職したのに
その会社を辞めざるを得ない場合もあります。

その会社を辞めてしまうと、

その社宅にいられることができなくなる為
出ていかなければなりません。

すると無職になってしまい、
自宅を持っていたり、
家族を残して仕事に出てきた人は
元の家に戻ればいいですが

アパートに住んでいた人で、
そこを引き払い就職で引越してきた場合、
住む家がなくなってしまいます。

これはすごく大変なことになります。

転職と引越が同時にある場合
(期間従業員や契約社員などの時も)、

家族がいるなら
しばらく新しい職場で 自分だけ引っ越して働いてみて、

続けられそうな仕事かどうか見極めてから

家族も読んだり、

元のアパートを引き払うかした方がいいです。

無職になってから
仕事と住まいを同時に探すことは
とても厳しくて大変です。

スポンサーリンク

・法人契約のアパートや賃貸マンションなど

転職する先の会社が、アパートを借りて、
社員に、住宅を貸し与えてくれる場合があります。

そういう場合は、会社と大家さんとが従業員の住まいとして
暮らせるような借家契約をしていると思われます。

この場合も、会社の従業員であるから
そのアパートに住むことができますから、

もし、その会社を辞めるとなると
住んでいたアパートを出ていかなければなりません。

上記の文章と同じくなります。

公務員等が転勤する場合は、すごく高価なマンションを
税金で借りるので問題になることもありましたが、

あまりに贅沢な住宅を借りてもらうと
税金がとられる場合もあります。

普通の人ならまずありえませんが、

民間人でも
科学者や特殊な能力のある人の場合、
会社が高給マンションを貸与えてくれる場合があります。

この場合、家賃相当額を
給与とみなされて課税されることがあります。

また同族の法人の家族役員なども
豪華な賃貸マンションを、
家族役員の為に借りると
会社が負担している家賃を
役員給与として税金を取られる場合もあります。

普通の人には関係がない情報でしたが、

覚えておくことは次のことです。

会社が貸与えてくれた社宅や賃貸マンションは、
「辞めたら出ていくことになる」
と言うことを頭に入れておかなければなりません。

スポンサーリンク

・住宅手当だと所得税課税

住宅の貸付でなく
家賃分のお金を、
住宅手当として給与に足してくる場合があります。

その場合は自分でアパートをみつける必要がありますが、

給与となるため税金が取られてしまいます。

・転職と引越をする場合の注意

期間従業員等で

地方の工場に仕事をする為に引っ越しする人は結構います。

ところが
契約期間切れや
工場の閉鎖がある場合もあるのです。

工場など急に仕事がなくなる場合もあるのです。
身近で見た経験があります。

そうすると労働の契約期間が切れたり、
工場を閉鎖したりした場合

その後1カ月か2カ月のうちに
そのアパートは契約が打ち切られてしまい、

退去するか
自分で家賃を払うかしなければならなくなってしまうのです。

そういう経験をしている人は少なくありません。

そういう場合、
仕事と住まいを
いっぺんに探さなければならないので大変です。

通常雇用保険で
しばらくの間給与補償が出るので、
それで家賃を払える人はいます。

雇用保険も効かないと住まいがないと大変です。

親元やマイホームがあればいいですが

友人や兄弟姉妹の家にしばらく厄介になる人もいます。

せめて住まいがあれば仕事を探すことができますが

住まいもないと仕事を探すことが大変なのです。

引越と転職を同時にやる時は、
実家があることがよく
また、今住んでいるアパートは
そのまま借りておいた方がいいかもしません。

もし、転職した会社や、
期間従業員や契約社員を辞めた場合に
社宅や法人契約のアパートを出されても
住む場所があるようでないといけません。

戻ってこられる住まいがある方がいいです。

また貯金が何百万円かはないと不安です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする