新社会人の初めてのアパート探し、通勤方法や家賃、場所を考える

◆通勤方法で考える就職でのアパート探し

通勤方法によるアパート探し

就職の為に引っ越してアパートを借りる場合、
程よく会社に近い方が楽ですが、
勤務地によっては、
周辺に希望するアパートがあまりない場合もあります。

会社のあるところと住む所の距離により、
通勤手段が、徒歩、自転車、電車、バスになります。

都心の場合は、多くの人が、
電車やバス通勤になるのが普通だと思います。

うまく会社の近くにアパートが借りられると
自転車やスクーターで通勤できる人もいると思います。

電車通勤をする場合、
駅の近くは比較的家賃が高く、うるさいと言われています。

通勤に便利だし、買い物にも便利なので、
独身生活をする人には大変人気があると思います。

その反面 家賃は高いし、人通りが多いので、うるさい筈です。

駐車場も借りると高いと思います。
また 駅の近くは
月極の貸駐車場自体があまりないかもしれません。

駅の近くにアパートが借りられない場合、
駅まで自転車で行く人も多いようです。

駅まで自転車やバスで行き、
そこから電車に乗って勤めに行く人もたくさんいます。

でもせっかくアパートを借りるなら、
徒歩で駅まで行ける場所に借りた方がいいと思います。

それには 何かを妥協しなければならないことも出てきます。

自転車や徒歩で、会社に行けるといいです。
地方なら、会社の近くに貸アパートがあると思います。

スポンサーリンク

都心のアパートは駅からの距離で家賃がことなる

自分の勤める会社が、
都会なのか、地方なのかによって、交通手段が変わってきます。

東京、大阪などの大都市に住むと、
駅に近い物件は家賃が大変高いのです。

駅から離れるほど、家賃は低くなりますから、
最寄りの駅まで、
徒歩20分以上のところのアパートに住んでいる人はたくさんいます。

また、東京でも都心から離れるほど、家賃は安くなります。
給与が安いうちは
遠くの駅から通わざるを得ないかもしれません。

地方はマイカー通勤の為駐車場もある

地方都市だとマイカー通勤になると思いますが、
地方はアパートには、
駐車場もついている場合が普通です。

家賃とは別に駐車場代を取られる場合も、
家賃に含まれている場合もあります。

できたら会社の近くに借りられるといいですが、
県庁所在地などの地方都市は、
家賃がやや高く、

貸し駐車場が少ないところも多いようです。

また、朝と夕方の通勤・帰宅の時の渋滞もありますので、

借りるアパートと勤める会社の道順も検討して借りるといいです。

地方都市の場合、通勤時は、渋滞しているので
歩きや自転車で行った方が時間がかからない場合もあります。

スポンサーリンク

その給与で毎月の家賃が支払えるか

貸家を借りる際、
自分の給与の範囲内で払える家賃でなければなりませんが、
給与は、上がり下がりする場合もあります。

最も低い給与(基本給)で、
余裕で払える家賃の所に住むべきです。

給与から支払うものは、
食事代、水道光熱費、余暇費 貯金などがありますから
そのことも考えて
できるだけ 無理なく支払える家賃のアパートを選ぶべきです。

また、将来住宅を建てるなら、
住宅の頭金を貯める為に
できるだけ家賃は低いとことに住んだ方がいいです。

家賃が低いと言うことは、
アパートが狭い、汚い

環境がよくないなどが予想されます。

どこまで我慢できるか問題になります。

家賃が低いアパートでの生活は、
様々な問題も出てくる場合もあります。

トラブルがあったり、
ストレスで悩んだりすることもあるかもしれません。

それでもマイホームの為に、
努力する必要があると思います。

初めての一人暮らし、アパート探しは、

最初は大変ですが、

多くの人が経験してきていますので、大丈夫です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする